FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2008年07月08日 (火) | 編集 |
UOには、使い道のないアイテムがたくさんある。

初心者の頃は、そんなことは分からないから、「何かに使うのだろう」と即物的な思いから、手に入るアイテムを全て集めていた。そのうち、ベテランに、まったく何にも使わないアイテムだと教わり、愕然とするとともに、銀行にぎっしり詰まっていた無駄アイテムを一気に打ち捨てる日がくる。

2008y07m08d_215120250.jpg


たとえば、これ。床に置いたアイテムが何に見えるだろうか? やーん、キモーイ、死体みたぃにみえるンですヶド……。という貴殿、大正解。そのまんま、死体パーツだぜ。拡大画像はこちら。

2008y07m08d_b.jpg


ウハー、ちょっとマジキモインですヶド!!

この死体パーツ、肉食動物の餌になるくらいで、とくに使い道はない。せいぜい、こうして、他人を気持ち悪がらせることができるくらいのものだ。

たんに、存在するだけのアイテム。だが、意味が白紙であるということは、使い手次第でどうにでも変化できるということ。内装に使うもよし、趣味で集めてニヤニヤするもよし。

初心者スキルクエストのために、旧ヘイブンでゾンビを叩いていた。スキル上げと同時に、裁縫素材の骨が取れるから、棺おけを開いて骨を拾っていたときに間違えて死体パーツを取ってしまった。

使わないし、気味が悪いだけだから、ポイっと地面に捨てた。道が通れなくなった。フィールドに落ちていると邪魔になってしまうアイテム、いわゆる通行障害アイテムだったのである。

たまんねーな、邪魔くさいなと思いつつ、なんとなく数個並べてみた。ハハハ、防護壁だよね。そこで、ハッと閃いた。

バグボール封鎖というのは、よく聞く嫌がらせだが、死体封鎖というのは聞かない。死体パーツが、家の周囲にぎっしり敷き詰められていたら、衝撃度は、バグボールの比ではなかろう。しかも、胴体など、一パーツ30ストーンもありやがるほど重いから、バグボールほど簡単には片付けられない。

こりゃあ、バグボール封鎖なんて、ありきたりで無粋の極みに思えてくるね。最高にクールだぜ!

……という話を、よんよんとごんた君にしたところ、それは集めなければならないと鼻息荒く、ごんた君が言う。やりますか、やりますかとみんなでヘイブンに出撃し、黙々とゾンビを倒すわたくしたち。

2008y07m08d_222959187.jpg


たっぷり集まったぜ。拡大画像はこちら。

2008y07m08d_222959187b.jpg


ウハー、強烈ー! 病んでるわ、デザインした米国人は絶対に病んでるわ! それを喜ぶわたくしたちも、当然ながらに同病の輩。

2008y07m08d_223308734.jpg


たった47パーツで、1200ストーン。輸送には荷馬が必要だわ……。

だが、まだまだ足りない。通行障害になる、死体パーツの胴と足部分を集めてくれる協力者募集中。集めた死体パーツは、有意義にFでの封鎖に使われます。
スポンサーサイト