FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2007年10月01日 (月) | 編集 |
さえぷーの弓武士を連れ出して、二人でべドラムに行った。

今までさえぷーは、メイジでヒリュウにヒールする役だったが、いよいよ弓武士デビュー。初めのうちは、緊張で手順を忘れるほどだったという。

「初体験は、期待と不安でドキドキしますわよね。うふ? うふふ?」

流し目で意味深に質問してみたら、さえぷーもさるもの。

「頑張って二枚目のエプロンを取ろう!」

まったくの放置プレイでスルーされる。うむ、さえぷー、ようした。これからはFWでありながらスルーとバックパスを得意とした名門柳沢家を継ぎ、柳沢美濃守さえぷーを名乗るがよろしかろうと存ずる。

さえぷー初弓武士でべドラムへ。


ボスは、わたくしの華麗なるテイマーテクニックによって、無事に討伐成功。

なお、画像のボスが変な位置にいるのは、ヒリュウに包帯を巻こうとして、間合いを誤って接近しすぎたせいである。酸に突っ込んだ挙句、ボスにタゲられて逃げ惑い、ボスが動いたというわけ。危うく死ぬところであったが、テイマーなのに秘薬100%で抵抗オール70装備にしておいて助かった。高抵抗装備は伊達じゃねえぜ! と間違った自慢をしておく。

ここで、エプロンか召還骨馬でも取れれば、勢いに弾みがついたというものを、出たものは、たわし。またも、たわし。いつでも、たわし。

いつか花咲く日を夢見て、明日も頑張るのである。
スポンサーサイト