FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2007年03月31日 (土) | 編集 |
念願だった、音楽120と沈静120のパワスクを購った。あわせて650万。

これで、ボスやパラゴンも沈静できるかにゃーと、ドキドキした。ところが調べてみると、音楽、沈静ともに伝説でも、成功率は3割程度らしい。うーん、イマイチ……。

かくなるうえは、ティアラさんや、さえちゃんに、わたくしの奏でる妙なる調べを聞かせ、陶然としているすきに、あんなことやこんなことをしようと企む。我に返って逃げ出そうとしたら、さらに沈静かけて、ぼんやりさせてハアハアだな!

なにせ、わたくし、そっちの方面は実績がある。中学生の頃だったか。音楽の時間にリコーダー使った授業があった。無心に吹き鳴らす、わたくし。すると、授業が終わったあとで、近くの席の女の子が「きれいな音出せるんだね。聞かせてほしいな……」と、話かけてきた。

まーじーでー! 女の子に、そんなこと言われたの初めて! チョー、ドキドキ! 緊張で手を震わせながら、リコーダー吹いてみた。そのあとだが、別にどう仲が進展したわけでもなく、その子は「ステキだった。ありがとう……」と笑顔で去っていっただけの、青い夏の想い出。

「あっ、貴様! だから、大人になった今、またリコーダーなんぞ始めたんだな! 数少ない、甘い思い出に浸ろうというのだな!」

と気がついてしまった貴殿。それは邪推というものである。反面、図星でもある。どっちやねん。

ということで、今日も黒閣下パラゴンを倒しに行きたいというティアラさんに付き合って、ブラッドダンジョンに出撃。頑張るティアラさん。凛々しき雄姿。惚れそう。

沈静メイジを出しているわたくしは、基本的には手出しをせずに、危なくなったらヒールを飛ばすだけ。しかし、どうしても押し込まれてしまう。だいたい、黒閣下パラゴン倒すのに、5、6回のヒールが必要。まだソロ討伐は無理らしい。

武士も盾も100を超えてないから、しょうがないす。テクニック的には、だいぶいい線行ってるので、これからも頑張って下され。

ギルドハウスに戻り「疲れたね! へへ」と笑顔のティアラさん。ああん、かわええ。

心拍を早くしたところで、ティアラさんがこう言うの。

「あ、彼が帰ってきた。落ちますね!」

まてぇぇぇぇぇぇぇぇええ! 逃がすものかー! 即座にターゲットPMを試みる。呆然としたところに、あんなことやこんなことをしてしまう。彼氏のそばになど行かせぬ!

が。

沈静できね


げ。

即落ちして、いなくなるティアラさん。呆然としたのはティアラさんどころか、スキルを使った自分自身。

バードスキルは人間相手に効果がない。人間を陶然とさせず、人外の物の怪のみを虜にする音楽。なんて、わたくしにお似合いのスキル。涙が出そう。くすん。
スポンサーサイト
2007年03月30日 (金) | 編集 |
菜摘さんに、ペットの卵をいただいた。ありがとう。

なんでも、ぱんだの卵だというではないか。TWでは、全てのペットは卵から生まれるらしい。無茶苦茶やな!

わたくし、あまみやさんから「ぱんだ狂愛家」と呼ばれたほど、ぱんだを愛している。自宅には、たれぱんだのぬいぐるみが53匹。以前、ももさんが仕事で東京に来た際に行った突発オフ会では、待ち合わせまでの時間つぶしに、上野動物園のパンダを3時間も眺めていた。

TWでも、ぱんだと共に暮らせるというのである。なんてステキな現実逃避。

興奮で呼吸を荒くしながら、早速に孵化機を買い求め、卵を放り込みましたがな。「メシ食わせー、メシ食わせー」とメッセージが流れてきた。調べてみると、定期的にアイテムを与える必要があるらしい。

なんだ、ほったらかしだとダメなのか。卵のくせに、養分を必要とするとは、いかなる仕組みになっちょるのであろう。「めんどうくせえ」と思ったものの、ぱんだのためなら我慢できる。

この卵はココアが好物。酒場でココアをまとめ買い。けっこうな出費に。でも、ぱんだとの幸福な生活を思い描いて辛抱。

孵化機には、孵化までの時間が表示されている。およそ3000分。3000分て何時間だろうと思い、計算してみましたら50時間(計算するまでもない)。2日とちょっとかー。楽しみだなあ。

なんて思っていたのは甘かった。大甘だった。3000分てのはログイン時間でした……。

一日一時間プレイだと50日。30分だと……100日! えええええ!

はたして、わたくしのぱんだは無事に孵化するのであろうか? 現在残り時間2750分。心が折れないように、祈っておいて下さい……。
2007年03月29日 (木) | 編集 |
ギルドハウスに行くと、ティアラさんがいた。白豚で、黒閣下パラゴンを叩きに行くから見ていて欲しいと言う。いつの間に、そこまで成長したのだろうか。

聞くところでは、勝率は半々くらい。うりさんに教わったとおりに、頑張ってるのだけど、どうしても負けちゃう。へへ。と、ティアラさん。

イルシェナーのブラッドダンジョンに出かけた。やがて湧いた黒閣下パラゴンに殴りかかるティアラさん。すぐに舌を巻くことになった。見違えるほどに上達している。

ダイアモンドメイスから、TAF鉄扇に武器を切り替える速さ。ひっきりなしに響くPOT音。とくに赤POTの反応速度は、自分より早いかもしれない。赤いだけに三倍のスピードで(0点)。

うりさん直伝のテクニックなんだろうなあ。すごいなあ。

しかし、いかんせん武士スキルが100に満たないような未完成キャラで、装備も改良途上の状況にあっては、黒閣下パラゴン相手に安定して戦うには、もう少し時間がかかりそう。どうしても、押し込まれてしまう場面が多くなる。エプロンがあると、だいぶ違うのかなあ。

とはいえ、慣れて度胸がついてくれば、それほど遠くないうちに黒閣下パラゴン楽勝になるだろうことは、十分予想できる戦いだった。素晴らしい。

今まで、彼女を応援する心に「ティアラさんラヴリィ」という邪な気持ちがあったことを否定しないが、この戦いを見て気持ちが変わった。これだけ成長してくれるなら、支援も本腰をいれよう。資金も装備も融通してもいいかもしれないね。

早ければ、4月中にも「ティアラさん、ドレッドソロデビュー!」なんてことになったりして……。と妄想を膨らませている。頑張っておくれ。
2007年03月27日 (火) | 編集 |
ここ数日、カルピス兄さんがUOにログインしている。だが、あまり時間に余裕がないようで、慌しい会話と慌しい狩り。

奥様が、あまりネットゲームにいい感情をもってないようで、長時間遊ぶと怒るそうで。残念ですなあ。一緒に遊べるといいのにね。

世間的には、まだまだ印象が悪いのでしょか。のめりこみすぎずに適当に遊ぶんなら、いいんでないかしらね。

と言ってるわたくしであるが、Bルニを狙って布バルク回転させてたら、スーパーのタイムサービス行くの忘れましたぞな。ジャガイモ、玉ねぎ、肉が安かったのだが。ああん失敗。

皆様も趣味はほどほどに。
2007年03月24日 (土) | 編集 |
ここ2日間、TWで遊んでいる。うりさんと、よん様を連れ込んでみた。

目が疲れたり、システム的に燃えづらいTWだが、のんびり遊ぶにはいいのではないでしょーかー。

みんなで新しい狩場に出撃。が、敵が強くて名前が赤い。TWは、敵の名前の色で自分とのレベル差が判断できるシステム。赤い名前は、「ヤツ、ちょーつええぜ。おらっち敵いませんよ」のサイン。

ゆくゆく、自分のレベルが上がって強くなれば、名前の色が変わってゆくわけだが、今のあたちにはひどく眩しい。

みんなで取り囲んで叩く、叩く、叩く。菜摘さんと、たけまるっちが大ダメージを叩きだしているのに、こちとらのダメージは1とか2とか。よえええええ、俺様よえええええ。

そのうえ、赤い名前の敵を叩くと、武器の耐久が激しく落ちるシステム。一匹倒しきらないうちから、「武器壊れそうですよー!」のアイコンが出現して、修理を促すのであるが、ふーざーけーるーなー。これじゃ、狩りにならんではないか!

しょうがなく、武器をはずして素手で殴ってみたら、ダメージは1とか2とか。はははははは、素手と武器装備状態と変わらんじゃないか。じゃ、いいや、素手でいいや。

あっちもこっちも赤い敵ばかりの狩場で、何の役にもたっていない、あたち。あっちょんぶりけ。経験値は公平分配で、美味しく成長させてもらったけどね。ありがとう、ありがとう。

これじゃ、パーティー組んでいても、レベルが低い人はお荷物にならざるを得ないシステム。レベル制ゲームの悪いところが、ばっちり出ちゃってる感がありますね。せめて武器が壊れる仕様はやめて欲しいなー。素手推奨なのかなー。

そんなことを思っていたら、システムから「TWの世界に接続してから3時間たちました。しばらく休んでください」と何度も注意されてしまう。はいはいはい、分かりましたよっと。

ということで本日の狩り終了。また宜しくでーす。
2007年03月22日 (木) | 編集 |
ウブだった中学生の頃。好きだった女の子が、部活で校庭を走っていた。

ああん、かわいいなあ。と、淡い恋心を抱きながら、遠くから彼女を眺めていたわたくしであるが、彼女が走るのに合わせて胸ゆさゆさと揺れているのに気がついてしまった。

わっ、と息を呑んだ。見ちゃいけないっ。と思ったものの、つい気になって目が行ってしまう。俺はなんていやらしいんだっ、見てはいけないっ。でも……。と、そんなことを数度繰り返していたウブなわたくし。

あれから、およそ20年たった。

ここ数日、朝に健康のためにジョギングに勤しんでいる。そう大層な話ではなく、家からバス停までの数分走ってるのですけどね。「バスが行ってしまう!」と叫びながら。

目覚ましを止めて、「あと5分寝るぅぅぅ」と悶えたら、5分どころか30分寝ていたのが、その理由である。こういうのはジョギングと呼ばないのが普通だが、走ってる行為は同じなので、ジョギングであると強弁したい。

そのジョギングの最中、上に書いたような20年前の想い出が蘇ったのである。同時に、「女の子もこんな感じなのかなー。重いなー、大変だなー」という思いも一緒に。

走る衝撃にあわせて、ゆさゆさ揺れるのである。横っ腹が。わたくしの。余っている肉が。横っ腹を揉んだら、自分で自分にハアハアできるかしら。そんなことを思いつつ、バス停まであと20メートル。

バスは止まっている。親切な運転手さんは、わたくしを待ってくれている様子。しかし、満員の乗客は、
「とっとと乗れや雑魚がwwwwwwwwww」
「おっさん遅せえんだよwwwwwwwwwwwwww」
「ありえねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
とでも言いたげな不満顔で、こちらを見ている。容赦なく揺れる腹。ああ楽しいなっと。そんな日常。

UOの話題はとくにない。すまねえ。
2007年03月21日 (水) | 編集 |
別ブログで展開していた、テイルズウィーバー日記をこちらに統合することにしたので、以後よろしう。ぺこり。

今日もクライデン平原4にて狩り。恐怖の監視システムを覗くと、仲間は誰もログインしてなかった。なかなか時間があいませんね。

しょうがないから、ソロで遊ぶことに。まず、手近にいたモンスターを叩いてみた。ダメージが1とか2とか。そのうえ、強烈に痛い攻撃を貰ってしまい、あっけなく知らぬうちに昇天。

うへっ、なぜえ。装備を確認する。あら、武器がないわ。鎧もないわ。初心者修練所(?)でもらえた装備が、使用期限が切れて消えていたらしい。

これはいけませぬ。

街に戻って、銀行に預けていたなけなしのお金を引き出し、武器屋に駆け込む。レベルが低いせいで、ろくな装備が買えないにゃー。

再び戦場に戻ってモンスターを叩く。弱い、遅い、死んだ。ぎゃーん。初心者装備って強かったのですね。有難かったのですね。

誰か来ないかにゃーと、仲間の到着を待つも、誰もこねえ。そのうち、「ログインしてから1時間がたちました」と、アナウンスされてしまい。じゃあ落ちるかーという気分になる。

このゲーム、
「1時間たちました」
「キャラクターを動かしているのは、あなたと同じ人間です」
「笑って元気にいきましょう!」
てなメッセージが、時折、システムから流れてくるのであるが、きわめて微妙な気分になったりする。そんなこと、わざわざ言われましてもにゃー。

おまけに、画面の色合いがきついせいか、1時間くらいで頭くらくらしてくるのよね。おっさんは遊んでいけないゲームなのだろうか、と考え込むことしばし。

11過ぎにログアウトして、本読んで寝ましたあ。

そろそろ、菜摘さんあらため「はるぽん」が、ギルド(クラブ?)立ち上げられるレベルになってるかなー。クラブ名を決めろとおおせつかったけれど、何も思い浮かばないことを、ここに告白しておきます。
2007年03月19日 (月) | 編集 |
のんびりベンダー稼業に精を出して余生を過ごすのも悪くないなあと思い立った。信虎も追放されてしまったことであるし。

幸い、うちの店は定期的にルーンを撒いてくれる親切な人がいるせいで、わりあいに客が多いのである。いらないものを売るのが目的の店だったが、もう少し手広く商品を扱ったらどうだろう。対人系プレイヤーに需要があるAPBやボーラ、美白剤を揃えたら、売り上げ向上にならないかなあ。

先代のギルドマスターは派閥をやっていた人で、対人プレイヤーに顔が広く、F人がたくさん店に来ていたものであったよ。おかげで、わたくしもワンドを売りに売って儲けさせてもらった。

ということで、APB用に細工39.9のキャラを作った。美白剤のために料理スキルをあげ始めた。部族リンゴを手に入れるため、サベージを狩りに行った。合間にバルクを貰いに行く、そんな生活。

まったり、まったり。
2007年03月16日 (金) | 編集 |
昨日に引き続き、てあらさんの白豚練習に付き合う。ブラッドダンジョンにて血エレ叩き。

装備に回避低下がついておらず、はずすことが多くて苦戦していた様子。そこで、回避低下つきのダイアモンドメイスを渡すと、途端に攻撃が命中しだして、パーフェクションも貯まり、ノーマルは退屈なくらいに楽になった。そーかー、やっぱり回避低下は大切なのだなあ。

今日は、なかなかパラゴンが湧かない。ちょっと飽き気味のわたくし。

しかし、熱いてあらさんは、おかまいなしに血エレを叩きに叩く。頑張ってる女性。輝いてますぞ、ステキですぞ、彼氏と別れてくれたら、もっとステキなのだが。

ようやくのことでパラゴンが出現。

一匹目は、やっぱり慌ててるんでしょうね。コンセク、イベーション、POTと全てが後手後手に回って遅れ、半分ほど減らしたところで死亡。

「死んだ。へへ」

と笑顔のてあらさん。ああん、輝いてますぞ、ステキですぞ、彼氏(以下略)。

気を取り直して、二匹目を沸かして挑戦。今度は、早め早めの行動が功を奏して見事に撃破。おめでーとーございまーす。

「やったー!」

と、喜ぶてあらさんであったが、その直後に湧いたノーマルに殺されていた。気が緩んだね。ヒヒヒ……。

慣れて気持ちに余裕が出てくれば、血エレパラゴンは問題なかろうね。次は、サキュバスですなあ。

解散間際、AsukaBBSで回避低下眼鏡が売りに出されてることを知った、てあらさんは購入を即断。900万gp也。うぉぉぉ本気だ。この人は本気だ……。頑張ってくらさい……。


個人的活動は、徳が落ちるのを防ぐために、一通りのキャラを献身の徳のための名声上げ、慈悲上げのためにエスコートをこなすことで時間を費やしたくらい。

実は、ここのギルドが大変気になっている。北斗なんだけども。移住しようかと本気で悩んでいたり……。
2007年03月15日 (木) | 編集 |
今日は、てあらさんの狩りにおつきあい。

てあらさんが白豚を始めた。本気だというから、おらも装備を数点献上奉った。高級品は既に自分のキャラが装備してるから、二級品の余り物なんだけどね。

かろうじて装備は形になり、とりあえず出撃。まだまだスキルも未完成だし、装備も足りないし、なによりてあらさん自身が操作になれていないし。

ブラッドダンジョンの血エレから叩くことにした。

白豚は、弓騎士や盾騎士に比べたら操作が多い。状況把握ができなくてパニックになってしまうみたいね。それでも、数こなしてくうちにノーマルは安定してきた。パラゴンが出ちゃうと……ちょっとピンチ。

もっともっと倒して慣れるしか手がない。白豚に必要なのは、まず経験。モンスターの攻撃力の見極めができれば、多少のピンチにも落ち着いて対処できる。

そして、白豚はキャラの特性上、攻撃力=回復力だから、攻撃を当てているうちは死にくい。反面、逃げだしたところで劣勢を立て直せるほどの回復力を持っていないのだから、ピンチに逃げるよりは死中に活を拾うべきである。不退転の気力も大切。

てあらさんに足りないのは経験のようだから、やっぱり数こなすしかないですなあ。

幸い、彼女は素直。言われたことは「うん、そっか」と飲み込んで、そのままやろうとしている。基本に忠実。貴重な財産である。

てあらさんも、ゆくゆくは自分の好きなスタイルを見つけるんだろうけど、今のまま伸びていけば強くなる。なぜなら、「その通りにやれば、誰でも一定の水準に届く」ものが、テンプレートとかマニュアルってもんざましょ?

基本というのは、先人の知恵と経験から導きだされてるもの。右も左も分からないうちは、従っておくのが無難だ。

うまくいかない人ってのは、たいていの場合、
「××にしたほうが好きだから」「××のほうが強いと思うから」
と、意味を理解しないうちから勝手な変更を加えて、肝心な部分をぶっ壊しているから。

家電製品の調子が悪くなると、知識もないのに分解したがり、修理どころか手のつけられないゴミの山に変えてしまうおっさんがいるが、同じことをやっているわけである。

まあ、そーいうぶっ壊れたキャラですら、存在が許されるところが面白いっちゃ面白いのだけども。ブヒ。
2007年03月13日 (火) | 編集 |
メリザンデのクエストに行ったらLinkの皆様がいた。Niyariが所属している、MLボス攻略ギルドである。

参加したはじめは足繁く通っていたが、思えば3ヶ月ほど顔を出してなかった。ちょっぴり気まずい。そんなところへもってきて「ふーん、まだLinkの看板背負ってるんだ」と言われてしまい、大変に切ない。

M*Rは活動低迷中であるし、今日はLinkへ行くかしら。と、ひさしぶりにIRCを立ち上げてLinkのチャンネルに入った。いきなり、メリザンデやるからこいという召集令状が。

テイマー×1、メイジ×2、弓×2と、ほぼM*Rと同じような人数と構成。なのに、楽勝で討伐されるメリザンデ。この差はなんなんだろーね、と心中密かに思いつつ、美味しいからいいや。

自分が途中参加してからメリザンデ2回。メリザンデのクエストも全員が終わらせているから、一度に人数分回しちゃうのである。

メリザンデを1時間で5回とか回したあげく、次の1時間でパロキシ2回とかやっちゃったりして、なるほど、これは稼げるでしょうなあ。

Linkはボス攻略ギルド。目的が一つだから、みんな手順心得てるし、当然、ボス用のキャラを持ってるから手際のよいこと。

あたくし、メイジで犬をヒールするか、弓をのんびり撃ってただけで、たいして頑張ってないのに、タイント2個、綿1個、その他多数、リス召還クリスタル一個いただき。

久しぶりに、美味しい思いをさせていただいたのである。ありがとう、ありがとう。

サイコロ勝負の分配で持ち帰ってきた、「Hp+4/物理12/炎15/冷気5/毒6/エネ15/詠唱可」というステキ胴は、血板強化に挑戦して見事に粉砕。ちぇー。
2007年03月12日 (月) | 編集 |
AF出なかった……。親父100以上回したのにダメだったよ。AABCDは下界に帰還。

もう帰ってきたのか! と言いっこなし。対岸なんぞ長居する場所じゃないのである。

古い譬えに、『上は昼来て夜帰り、中は夜来て朝帰る、下下の下の下が居続けをする』なんていうのがあるくらい。昔の江戸っ子は、風呂上りにちょいと立ち寄って、親父を2、3匹叩いたら「うまかったぜ、またくらあ」と帰るてのが当たりめぇだった。欲望丸出しで、長逗留きめこむなんざ、ちとばかし粋に欠けるってもんだぜ。

うりさんがネクロ戦士を始めたので、まるで同じにするのも芸がない。AABBCDは純戦士になった。「オウガイはどうなった」とか、聞いちゃいやん。「誰それ」と、シレっと答えてみせましょうぞ。

剣、戦術、解剖、包帯、盾、レジ、余りをフォーカス。試しにブラッドダンジョンにやってきた。血エレを叩いてみるのである。

武器は、LT、速度、マナリーチ、回避低下のついた包丁。出血攻撃を織り交ぜながら叩く。回復は包帯とPOTのみで、どうなるかと緊張していたが、なんだ、この楽勝ぶりは……。

やがて、お目当てのパラゴン湧いた。斬りかかった。張り付きのまま押し切ってしまった……。

HPが130あるおかげか、DEX150の包帯をちゃんと巻いていれば、たまに黄色POT飲むくらいで全く問題なし。減ってもHP50止まり。回避45%入ってるのも効いてるのだろうなあ。

パラゴンシステムが導入された頃は、慣れるまで大変だったのに。本気装備のぐろたで、何回死んだかなあ。今じゃ、純戦士が張り付きで勝てるんだもんなあ。と、隔世の感しきり。

とくにAABCDが強いわけではなく、武器や防具のレベルが全体にアップしたのよね。命中/回避を45%ずつにするのなど、さほど難しくない世の中であるし。

あとで、よんよんに包丁に毒塗ってもらおう。騎士がない分、いろいろSPM試して遊んでみようと思いつつ、本日の狩り終了。


お知らせ・ギルドの掲示板に、次期イベント予告を書きました。家のカスタマイズ・コンテストです。まだ詳細が煮詰まってませんが、目を通しておいてくださいませ。
2007年03月11日 (日) | 編集 |
ほとんど裸状態で対岸に赴いたAABCD。抵抗値は、レジ保障分の28。

よし、親父に切りかかってみるぜ! シーカー握って意気軒昂。ダメージ28! 反射ダメージ13! うわああああん、痛い痛いっ。

おまけに、親父のWWAや、ウィザー喰らって虫の息。一匹なら離脱して包帯巻き終わるのを待ち、再度切りかかることもできるのだが、二匹きちゃうと、アカン。一気にもってかれます。

死亡して、横暴蘇生部屋に駆け込んで5000gp支払った。見るからにやる気のないわたくしを、蘇生してくれる人がいなかったもんで……。

かくして、一回の親父湧きの間に、5回ほど死ぬAABCD。だめっす、裸はだめっす。

親父終了後、必要に迫られて必死で死体を漁る。たいした装備などありゃしないが、物理と冷気に特化した鎧を探して、あれこれ組み合わせを試しているうち、

aabcd.jpg


これくらいの抵抗値にはなった。やるぜ俺様。

ときおり即死するものの、丁寧に戦えば生き残れるようにもなったよ。

対岸は親父叩くだけなら、実に楽である。AABCDみたいなのでも、集団に混じって横殴りするだけなら全く問題ない(たまに死ぬくらいで)。AF出現は、ルート権とれた人の中から抽選で選ばれるから、大ダメージ与える必要もない。AABCDは騎士スキルが入ってないから、一撃20台だしね。

「対岸行ったことねえ」って皆様も、あまり気負わずに気軽にいらっしゃいまし。

あ、ただし、シーカーはやめたほうが無難。親父が召還する雑魚がアンデッド揃い。タゲられると、大変に痛い思いを致しますぞ。が、それもまた楽しからずや。
2007年03月10日 (土) | 編集 |
みんな聞いてくれ。これから、M*Rは頑張らないギルドになります。

頑張りすぎは、よくないよ。うんうん。今までやらなかっことにも、いろいろ手をだしていこうと思うので、どうぞ、よろしくネ。

そして、がんばらない第一弾として、愛の戦士AABCDを対岸に放り込んでみました。

装備は服ブレスつけた海賊帽子と、個人ブレスつけた白盾持たせて、保険がかかるのはソウルシーカーのみ。死んでも、あんまり金が痛くないようにするのだよ。鎧は現地調達でいくぜ。死んだら誰かに蘇生してもらうのである。

意外と生き残れたりしてね。意外と青腕輪スポンっと出ちゃったりしてね。うひょひょひょ、楽しくなってきたぞーい。
2007年03月09日 (金) | 編集 |
対岸に篭った。青腕輪が出るまで帰らない決意を胸に秘めている。

時刻は午後10時。最も人の多い時間帯である。確率から言うと旨みはないのだが、わずかな可能性にも賭けてみる。

入ってみるとラスボス戦の真っ最中。

ちなみに言うと、'BABA'ではなく、'PAPA'だからね。ボスの名前が「Dark Father」だから、親父=パパなんです。ただ、この場合のFatherは、親父ではなくて神父って意味だという文章を、どこかで見た記憶があるがどこだったか思い出せない。

エネワンを唱えて切りかかる。と、矢鱈目鱈に体力が削られる。おや、BO入ってないのにおかしいな。離脱しよか。と思った瞬間にBOが来た。やべえ離脱。

距離をとろうとする、あたくしの後ろにぴったりとついてくる黒い人影。これはこれはレブナント様。死にかけのあたくしは、あらこれはまずいわと焦る。マナもないし、POTもないしね。

一か八かで、カースウエポン唱えてみたが、敵わずに死亡。ヴァンプ溶けてもうたよ。はははは。青腕輪出すどころか、即帰還する仕儀と相成った。すまねえ、へたれですまねえ。

アヤセを対岸専用に改造して、ネクロ100にしようかなあと思っていたりもするが、どうしたもんだかなあ。
2007年03月08日 (木) | 編集 |
スーパーで、●チャルメラコレクション 焼みそ 5食パックというものを見つけて、試しに買ってみた。佐野実大先生である。期待できるよね! そして作って喰った。うむ、期待通りに微妙な味。うまいのか、これは? 二度と買わないのだけは間違いなし。

爆弾魔弓騎士メイジのまるごしが、超楽しいったらありゃしない。「アルケミ、弓、騎士、戦術、魔法、瞑想、レジ」の7スキルで頑張ってるのですぞ。

ダメージソースは爆弾で、弓はSPMが目的。命中低下ついた弓でフォースアロー打ったり、緑弓でモータル打ったりと、状況によって変えるのですよ。騎士スキルでリムーブカースもできるし、いざとなれば魔法で壁や召還もだせる。

狙われちゃうと脆いのだけど、壁がしっかりしてれば、いろいろできますぞ。ああ、なんという汎用性。我ながら、うっとり。

今日は、よん様、レミさん、ひまじんさんと4人でべドラム。ボスはまるごしにて出撃。爆弾一発25しか入らないや。ははははは。まあ、いいや、投げろ投げろ。

と、爆弾投げまくってたら、3樽使い切って討伐成功。爆弾一発が80gpほどするから(空き瓶代込み)、300発×80gpで、24,000gp飛ばしてみた。戦利品は骨玉しか出なかった。切ない。
2007年03月07日 (水) | 編集 |
今まで、バトンちゅーものが怖かったので遠慮していたのですが、ついついdolcevitaさんから戴いてしまい……。約束したから、やってみることにします。

元々はミクシイ内の日記に書くべきもののようで、ミクシイに関係した質問設定となってます。受け取るのはミクシイやってる人限定で?

-----------------------------------------------------------------

★質問の前にお約束★
閲覧者には質問内容を見せない。
気になる人はメールをすれば内容を教えてもらえる。
ただし内容を見た人は、絶対にそのバトンを拾わなければならない。
以上、守ってやりましょう!!!


1、いません許して下さい……。
2、女性陣……。
3、こまさんかなあ。
4、ももさんかしらん。
5、女性陣……(変態風味)。
6、女性陣……(犯罪風味)。
7、dolcevitaさんかな。たぶん。
8、この中だと、ももさんしかいない……。
9、数人……(逃)。
10、dolcevitaさんかな。って……このバトンを拾ったのは、暴挙以外の何者でもなかった。
11、女性陣。男は却下。
12、女性陣。男は抹殺。
13、各々、それぞれに。
14、さくらっちょさんだっけ?
15、dolcevitaさんですぞー! とゆーか、他の人のは分からん。
16、俺(禁じ手)。
17、ももさんですだ。けけけ。
18、いないような?
19、わかんねえええええ。
20、遠い目。
21、ももさん。
22、俺(二度目)。
23、こまさんかなー。
24、まー、dolcevitaさんには適うまい(たぶん)。
25、こまさんー。
26、よん様あ。
27、無難に女性陣皆様。
28、断固謝絶。
29、うーーーーーん、こまさん……。
30、れみさんですなあ。
31、この中には居ないような……。
32、レミさん?
33、俺(三度目)。
34、うーん、いなさそうな。
35、ひまじんさん? 分からんが……。
36、もしかすると、よん様とか。
37、きっついなー。滝原豊後守かなー(逸脱)。
38、女性陣。男とは生きるか死ぬかの抗争。
39、うりさん(超逸脱)。
40、ひまじんさん。と、いじめてみる。
41、俺?(四度目)
42、皆様、それぞれに。
43、どなたか、見せてください……。
44、そうでもない。謎
45、dolcevitaさんですなー。
46、こまさん。
47、こまさん。
48、女性陣(しつこい)。
49、くす。
50、全員。
51、とりあえず、ももさんになると怖そうです。
52、いねええええ。
53、きゃっ、恥ずかしくていえない!
54、さくらっちょさんでしょーか。
55、うーん、いなさそう。
56、質問が無茶になってきた。
57、女性陣ぅぅぅぅ。涙と共に。
58、こまさんかなー。なりそうっちゅーか、なってるし。
59、DATAさんあたり、どやろ。
60、こまさんと、さくらっちょさん~。
61、はるみさん(大暴走)。
2007年03月01日 (木) | 編集 |
美輪明宏様の口調と声色で読むべし

美輪明宏大先生


あたくし、エプロンが出てから士気が上がってるのね。

遊びキャラのつもりで作った爆弾魔を、パーティープレイで、もう少し融通の利くように、爆弾弓騎士メイジにスキル改造してみたの。器用貧乏で終わるかもしれないけど、やってみる価値はあるわね。何事も挑戦するのはよいことですよ。

全キャラの装備見直しも手がけてみたの。あっち取替え、こっち取り返して悩んだのだけど、終わってみたら、見直す前の装備と何も変わらなくてね。笑っちゃったわよ。ほっほほほ。

ボスも行ったわね。一昨日は、木のボスね。てあらさん、よん様と3人で行ったのね。そしたら貴方、3分で壊滅したのよ。何度目なのかしらね。いい加減慣れてもよさそうな頃なのにね。情けないこと。でも、次につながる敗北にできたらいいわね。

今日は気を取り直して、べドラムに行ったのね。キーが1時間頑張っても集まらなくて、どうしようか迷ったけれど、諦めてはだめ。なにくそと腹の中に魂をどっしり据えて頑張って御覧なさい。必ず結果は出るから。神様は見ていますよ。貴方の心の中を。

パーフェクションは武士弓のレミさん。よん様がクーシー使いの不調テイマー。弓てあらさんがモータル。あたくしは、回避低下と命中低下のついたコンポジットで、イグノア打ちまくったのね。

そりゃもう必死よ、貴方。なぜって、ボスに入れたのが23時50分なの。てあらタイムまで10分じゃない。帰宅した旦那様を待たせて、ゲームに拘束してたら可哀想ですよ。愛の営みを邪魔するなんて、無粋ですものね。ほっほほほ。

あら、いやらしくなんかありませんよ。素晴らしいことじゃない、男女の愛情というのはね。お互いに相手を認めて、高めあうわけでしょ。そして、どこまで自分でどこから相手が分からないほどに融けて、身も心も合一するのね。そのうち結婚すれば、そこが人生の墓場になるのだから、今はたっぷり楽しんでおくのがいいんですよ。ほっほほほほ。

あら、貴方。結婚に幻想を抱いちゃいませんよ。花嫁が白無垢を着るでしょう。あれはね死に装束なのよ。自由で気ままな暮らしから、今日を限りで決別しますっていう、決意の死に装束なのよ。だから白なの。知らなかった?

(中略)

まあ、話がそれたわね。ちょっと喋りすぎたかしらね。

べドラムでは、墓石が取れたわね。相場が分からないので、あたくしのベンダーでお預かりして売ることにしたの。無事に売れたら、4人で分けましょう。買って下さる方が現れるといいわね。ほほほ。

それじゃ、今日もお疲れ様。よく頑張りました。たっぷり休むことね。英気を養うのは大切なことですよ。また明日遊びましょう。お休みなさい……。