FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2006年10月06日 (金) | 編集 |
りあるおうちの建て替え中で、借家住まいを余儀なくされ、ネット回線喪失でプチ引退中のうりさんが、ここ数日、こっそりとUO復帰している。

なんでも、えあえっじを契約して、ノートPCで接続しているのだとか。

そこまでしてUOをやりたかったか! 貴様も立派な廃人だな! 人生終わっているな! と書こうとして、先日、飲み代を奢っていただいたことに気がついた。

えーと、えーと、上のセリフは、よ、よん様です! よん様が言ってました!

みなのしう、うりさんは鬼悪魔どころか、神天使の如くに慈愛に満ち溢れた方でありますぞよ! これからは、ガブリエル・ウリと呼ぶように。

「重い、重い」とつぶやくうりさんに、木のボス攻略体験をプレゼントすることにした。いつもの頑張りへの感謝の気持ちである。死を呼ぶ重さに苦労するがよいわ!

キーを入れちゃってから召集メッセージを出すという、はらはらドキドキコースを選択。うりさん、ももさん、ティアラさん、よん様に赤紙を発送。

ヒリュウを狩っていたティアラさんは、帰ろうとして死亡。
「うへ……」
というつぶやきを発して、慌てて回収作業に。

エルフ街でクエスト中だったよん様は、キャラ換えに手間取る。
「よん様、早くきてー」
とメッセージを飛ばしたら、
「うるせえ、俺だっていろいろ忙しいんだ。黙って待ってろ。なめてるとぶっ殺すぞ」
と、半ギレメッセージが帰ってきた。

最近のよん様は、イライラしてて怖い。よん様が対岸ではまってる時に、わたくしがAFラッシュしたから? AFで4000万gpほど稼いだから? ううう、ごめんなさい。わたくしだけ大儲けして。ショックで、ちょっぴり涙ぐんだ。

全員がギルドハウスに集合したのは、期限切れ3分前。準備の整っていないよん様は、POTを汲んだり、装備を修理したりと、作業を急ぐも間に合わず。キーの残り時間30秒となり、包帯の補充ができないまま飛んだそうな。ひゃひゃひゃひゃ!

さて、メリザンデ戦であるが、先日の失敗を教訓として常に壁を出すことを心がける。壁を張る。壁を張る。EVだす。EVだす。マナが切れる。マナ回復待ち……。

その間に、よん様がBO喰らってピンチ。逃げていく、よん様。だが、マナがないので援護できず。

代わりにタゲを受けたティアラさんは、レブナント召還を喰らう。素敵な勢いで、HPが減っていく。だけど、マナないから放置。

うりさんは恐らく、重くて表示が追いついていないはず。ぼーっと突っ立っているだけのところに、魔法コンボが入って、うりさん死亡。マナあるけど、おもろいから無視。

そして、壁、壁、EV、EV。マナなくなって、マナ回復待ち。よん様ピンチ。ティアラさん逃げ。うりさん死亡。なにもかも無視。

わたしくが何もしないために、みなのフォローにももさんが走り回る。ヒール、蘇生、壁、EVと忙しく、ハイドする暇もない。怖くて涙目であったろう。

だいたい、ももさんの本職は掘り師。生産キャラなのである。生産キャラが後方支援の柱を担わなければならないってーのは、どういうギルドであろうか。

全ては、わたくしのマナ切れが原因である。

なんとかメリザンデ撃破に成功! 壁を絶やさないという定石さえ外さなければ、壊滅は免れる場所である。はー、お疲れ様。

戦利品は髪染めが出たのだが、残念ながら汚い色。たいした値段はつかないだろうけど、ベンダーで売るものが少なくなってきたから、在庫にいただくことにした。ありがとう、ありがとう。

解散後、今日の戦いはマナが足りなかった、装備の見直しが必要だな、と反省しきり。自宅に帰り、鎧を点検してびっくり仰天。

いつもと装備が違うのである。実に半端な秘薬100%装備。なんだこれはあああ。ネクロ戦士となったAABCDと、試しに装備交換したままだった。おまけに、TAF青本外して手ぶらで戦っていた。

合計すると、「INT8 マナ20 マナ回復2 マナコスト15」くらいのマナ量が落ちていたことになる。マナが足りるわけがないのである。

はははははは。立場がまずい時は、笑ってごまかす。はははははは。それがわたくしの処世術。はははははははははははははははははははははははははははははははははははは。

どうやら、このギルドで一番心が汚いのは、わたくしであったらしい。汚い髪染めは、己への戒めとして自分で使うことにした。くすん。
スポンサーサイト