FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2006年09月30日 (土) | 編集 |
ブログを変えた。2年間親しんで使い慣れたLOVELOGだったが、重さに耐えられなかった。投稿画面に入るまで5分も待たされるのは、我慢できなんだよ。

新天地のFC2だが、デザインの設定の仕方が分からずに、小一時間説明ページを右往左往する。

今回、いろんなブログで試しページを作ってみたのだが、どこも文字の大きさのデフォルトが異様に小さくて困惑した。たとえば、デフォルトが、こんな感じのサイズだったりするんよ。困っちゃうわ。

フォントが小さい方が見栄えが良いのは分かるし、設定変えればいいんだろうけどね。慣れるまでは、探し出すの面倒くさいのであるよ。

おじさんは、べつにhtmlやら、なんやらを覚えたいわけじゃない。楽に手抜きにブログ綴りたいだけなの。面倒は嫌なの。内容で勝負だからね……とは、大見得きれないのが悔しいのであるが。くすん。

UOの世界では、今日からトクノMAF祭りが復活したらしい。

試しに、徳之島を覗いてみたら、有名狩場はどこも人、人、人。人いきれで息が苦しくなるほど。UOつまんなくて引退者続出で、人が減っているという話は本当なのかと疑う光景である。

唯一欲しかったトクノAFの染め粉が、交換リストから外されたというから、トクノMAFはあまり興味が湧かぬ。

人の流れに背を向けて、対岸のAyaseを起動し、孤高を気取ってみるつもりが、ありゃ、対岸も人たくさんいるよ。困ったにゃー、どうしようかにゃー。

惰性でパパを叩いていたわたくし。呆けきっていたところに、異装の魔法使いが目に入った。おや、あれは?

はだかメイジ


うおおお、半裸メイジである。めっさかっこいいではないか!

俊敏なフットワークで湧きまくる雑魚をかわし、パパに魔法を撃ち込んでいく。あの軽やかな身のこなしは、どうであろう。

高級な鎧を装備することで堅く身を守ることはできるが、ともすると心の緩みが生じる。油断から、つまらぬ死に様をさらす原因ともなりかねない。

そこへいくと、余分な防具を脱ぎ捨てて無防備となった分、さらした皮膚を直に死神に撫でられるような恐怖があるはずで、全身が粟粒だつほどに緊張しているに違いない。

世に擦れきって、AFを取ることだけしか考えていないような、下卑た俗物とは一戦を隔した人生を見た。あれぞ、快男児というべきであろう。……「早くAFでねーかな」とぼんやり頭でパパを叩きながら、小理屈だけは頭を巡っているわたくし。これも年の功というやつで。

その頃、半裸メイジ君は、ボスにタゲられて怒涛の魔法コンボを喰らって憤死していた。散り際の潔さと言ったら!

すぐに他人の生き方に影響を受けるわたくしは、裸メイジも楽しそうだなあああ、といけない虫が騒ぎ出した。だが、どう考えてもM*Rのメイジは裸で任務が務まるはずもなく、超絶死に死にキャラとなるのが目に見えているのであって、ああ悲しいったらありゃしないわ、もう。
スポンサーサイト