FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2006年09月10日 (日) | 編集 |
えへへへへへ、と怪しく笑う、男三十代。

仕事で東京に出る用事があった、ももさんと会ってきたのである。オフ会っちゅーやつであろうか、神様?

時間の余裕がなく決まってしまったから、連絡できない人も多かったのが残念。

9日18時。上野駅の改札で待ち合わせ。

どうなるかと思っていたが、無事にお会いすることが出来た。

お会いして挨拶しようとして、心臓が止まるかと思うほど驚いた。

なぜなら、ももさんは、わたくしが最初におつきあいした、かおりさんという女性に瓜二つだったのである。考えると、晴美さんにも少しばかり雰囲気が似ていた。ああああああ。

おかげで、初手に
「ももたま、はじめまちてー。お××でちゅー」
などと挨拶してやろうと思ったプランが全て吹っ飛んだ。

どころか、視線が泳ぐのをコントロールできない。うまく言葉も出てこないの。さぞかし怪しい第一印象を与えたのではないかと思うと、帰宅してから「うわあああああ」と呻いて布団を転がってみたりした。

遅れていたうりさんが合流してからというもの、終始動揺しっぱなしのわたくしは、お喋り担当をうりさんに押し付ける。ありがとう、うりさん。呼びつけておいて助かったぜ。チミがいなかったら、悲惨なオフ会となるところであった。

みなのしう、よく聴け。ももさんは、大変に愛らしい女性であった。次回、また機会があるときに、集まれたらいいですわね。オホホホホ。

スポンサーサイト