FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2006年05月30日 (火) | 編集 |
ここのところ忙しくて、UOで遊んでいない。

バルクを貰って、お店の補充をしてお仕舞い。ちょっと低調なのである。いかんなーと思いつつ、新しい遊びをいろいろと考えているところなのだが、そう簡単には良い案は出てこないものだ。

そんな中、唯一やっている狩りは、純戦士まるごしでオークブルート様と共に血エレを叩く。一日5分から10分、そうして遊ぶ。心が和むのである。

愛する奥さんと営む何気ない日々はきっと、こういう、ほのかで、ささやかな幸せに満ちているのだろうなと想像する。

「ね?」
傍らに立つオークブルート様に問うてみたが、返事はない。心なしか微笑んでいるように見えた彼の目は、自分にも家庭の安らぎなど分かりません、と語っているかのようであった。

あああ、切なくなっちゃった。

せめて、君が何か喋ってくれれば、淋しさも紛らわされようというものを、前にも書いたように召還ブルート様は寡黙なのだ。何も喋らず、こっちの思うようにも動いてくれず、気ままに戦って帰っていくのである。

喋ってくれるブルート様は、SWスキルの呪文「Dryad Allure」で魅了するしかないからなあ。と考えて、はたと気がついた。キャラクターのペットスロットは5。乗りドラで1。召還ブルート様で1。3余るよね。

急ぎ、いつものパラリシャンにて、SWスキルの説明を探す。えーと、えーと、あったよー。

○亜人系のモンスターを魅了するためには、コントロールスロットに3空きがある必要があり、魅了するとコントロールスロットを3消費します。

文章がなにやらアレなのは、原文のままの引用なのでアレだが(謎)、こっ、これはー! で、試してみたのである。


オークブルート小隊

ぎゃああああああああああ、かっこえええええええええ!

こうなったら、自分もポリモーフの呪文でオークに変身するしかない。ということで盾とフォーカスを抜いて、SWと魔法を入れてみた。

ゆくゆくは第08オーク小隊を結成したいなー、オーク中隊、オーク大隊と発展していったら、何者にも変えがたい幸せだなあああ。画面一杯のオークたち。ああああ。

しまいは、第23装甲オーク師団[23PD]というギルドを立ち上げて、ブリタニアの大地を我が物顔で支配する人間どもを追い出すべく、各地のダンジョンを練り歩きたいものだ。

と、果てしなく広がる妄想を胸に、本日終了。

スポンサーサイト
2006年05月27日 (土) | 編集 |
剣士おばきゅーが、騎士に転職完了。

菜摘さんに壁になってもらったり、菜摘さんに転職に必要なアイテムを全て集めていただいたり、世話になりっぱなしのわたくし。菜摘さんの愛を感じつつ、究極の人任せにて恐縮しきり。

念願の騎士になれたのだから、新たな武器を買い求めようかと思った。今までは、戴いた+9スティレット一本で頑張っていたのだが、VIT槍なのだから槍を使いたいと思ったのである。気分なんだけども。

最近は、騎士wiki で勉強している。どんな武器買えばいいのかなーと調べてみた。片手槍のわたくしには、パイクってのが必要らしい。ふむぅ。

買い物といえば、帝都プロンテラの露店街。ぎっしりと並んだ露店のために、処理の重い場所。あまり好きではない。本当のことをいうと、わたくしはまだRO内の略語が分からないから、何を扱っている店なのか、いちいち覗かなくてはならず、面倒で嫌いだった。

でも、今日は我慢して一つずつ店を覗いてみる。槍ちっとも売ってない。ああ、ムカツク。ブヒ。

やっとのことで、s4パイクを売ってる人を見つた。おお、いくらかなーって、+9で70万とか、80万とか……。相場に疎いわたくしは、これが高いのか安いのか分からないけども、全財産40万。相場とか関係なく、問題外なのである。くやちい。

水、火パイクがあると狩場が広がるらしいので、それも探してみる。が、やっぱり100万くらいしやがって、ああああああああああああ、かえねー。

まいったのお。

どーしようかと、あれこれ考えるも妙案思いつかず。途方に暮れる。

そーいや、商人がいるとアイテムをNPCに売る際、高く買い取ってもらうことができると聞いた。また、NPCからアイテムを買うときにも、安く購うこともできるとか。銭を貯めたければ、こういうところから締めてかからねばなるまいの。

意味無く、勢いで買い集めた「おもち」が今となっては恨めしい。くそう……。倉庫に眠るおもちを睨みつけていたら、いつの間にか、もちもち感触に包まれて心地よい、幸せな気分。あああ、愛いやつである。

おもちと、わたくしは熱い信頼関係で結ばれている。おもちは、ちっとも悪くなかった。これからも仲間を増やしてあげる。うふふ、うふふ。

などと、おもちと語り合っていても槍は買えぬ。さっそく商人目指して新キャラ作成。「はだか×会」と命名。

Lv上げの狩りを始めたけど、なかなか上がらないから、めんどくさいよー。商人が務めを果たせるようになるまで育てるより、おばきゅーでがっつり追い込みをかけたほうが良いような気が急速にしてきたのである。

困った……。

2006年05月24日 (水) | 編集 |
8時間立ちっぱなしの仕事を終えて帰途に着いた。腰が痛い。

最寄駅から30分、自転車を走らせねばならんのだが、途中に急な上り坂があり、これが実にしんどい。

わたくしの自転車は、いわゆる軽快車というやつ。ペダルが軽い力でこげるようになっている。しかしながら、自転車にまたがるおやじが鈍重。わたくしのことであるが。差し引くと、ちょっとばかり鈍重? って感じ。ほっとけ、ケッ。

さて、上り坂にさしかかった。無理せずに自転車を降りて押して歩けばよいものを、見栄っ張りなわたくしは降りずに上りきることに執念を燃やす。

わたくしの勇姿を望見していた女性が「あら、逞しい男性。ステキ……(はぁと」と、心ときめかせてくれる可能性が、万に一つ無いとも限らないからで、そうであれば、傍目に優雅に映ることが肝要。必死の形相の立ちこぎなど、もってのほか。夜に爪を切る、梅干と鰻を合わせ喰うなどに匹敵する禁忌である。

苦しさを微塵も外面には現さず、穏やかに微笑みながら座りこぎで最後まで。うむ、自分が女性だったら、一目で惚れることであろうよ! くす。

しかしながら、往々にして理想と現実には乖離が生ずるもので、坂を上りきる頃には、息絶え絶えのおやじが微笑み転じてニヤニヤ笑いを浮かべつつ、自転車をよろめかせつつこいでいるという地獄絵図が出来上がる次第。

願わくば、わたしくを見初めてくださる女性は、坂の手前で待ってますように!

でもね、神様はいじわる。

坂を上りきった辺りで、一人歩きの女性を見止めた。服装からして若い模様。ヤッター! 脳内「ネクスト・ターゲット」マクロを連打して、おねーさんにロックオン!

でーもー、体力の限界である。フルマラソンを走り終えたランナーの如く消耗して、荒い呼吸とニヤニヤ笑い。いやあ自分でもよう分からへんのやが、辛苦も限度を超えると無性に可笑しゅうなりよって、笑いがこみ上げてくるん。なんでやろ。ははは。

そんな状態で、人生の最重要攻撃目標である若いおねーさんに出会っても、すぐに普段の紳士の顔を取り戻すことなど出来ないのである、実際のところ。

頭ん中では「あああ、イカン、イカンぞ俺。このまま近づいては、哀しき想い出がまた一つ増えるだけだ、イカンぞ俺」と、警報が鳴り響き渡っているのだが、言うことをきかない身体。縮まっていく、おねーさんとの距離。心の距離も縮めたいにゃー。

迫り来る異様な気配を察知してか、不審の表情で振り返るおねーさん。

想像して戴きたい。夜道である。住宅街だが、あまり人通りの無い淋しい狭い坂道。背後から不気味な呼吸音が聴こえてきた。振り向くとそこには、自転車に乗ったおっさんがハーハーと息を切らし、血走った眼が自分を見据えていたら……。あなたが若い女性だったら、どうするだろうか。正解はCMの後で。

今日のCM [ サイズ約1.5M Flashです。ひたすらクリックで! ]

さて正解は。

泣きそうに困った顔で立ち竦む、おねーさん。これがまた目鼻立ちの整った可愛らしい人であった。

ああああ、怖がらせてしまった。そんなつもりじゃなかったのに、すいません……。申し訳ない気持でいっぱいになり、「ゴメンね」と謝ろうとしたが、考えてみれば何も悪いことはしていなのだから、それも変だと思い直し、じゃあ、どうしようかと迷った挙句、出てきた言葉は、

「ぱんだがね……」

という呟き。

おねーさんは恐怖に駆られた様子で、手に下げていた鞄を胸に抱えて、助けを求めてか、どっちの方向に逃げようかと考えてか、周囲をキョロキョロ見回している。

余談ながら、この時のおねーさんの表情をどこかで見たことがあるな、とずっと考えていたのだが思い出した。恐怖映画で、怪物と鉢合わせした時の女の表情だったよね! わしゃジェイソンか! フレディか!

うわああああああああああああ!

もはや、なりふりかまっていられず、立ちこぎ全速力で逃げ出すわたくし。なぜぇぇぇぇ、なぜこんなことにぃぃぃぃぃ……。

精も魂も尽き果てて家に到着。夕食も摂らず、風呂に入る気力もなく、布団ひっかぶって涙を流しながら寝ることにした。

しばらくしてかかってきた電話は、うりさんから。シタデルボスのキーが揃ったから、行かないかというお誘いであった。しかし、魂の抜けて呆けた私の生返事を聞いて、
「ああ、寝てた? 仕事で疲れてんのかな。無理しないでいいよ」
と、気を使ってくださった、心優しきうり様。

仕事以外の原因で人生に疲れ果てたのです、と正直に告白できなかったわたくしは、
「ウン、ちょっと忙しくてね。すいません。また今度……」
と消え入りそうな声でお断りをいたし、電話を切った。ハァァ、死にたい。

そんなわけで本日は、うるちませず。気力復活時期──見込み立たず。しばらく、そっとしておいて下さい……。

2006年05月23日 (火) | 編集 |
ぐあああああああああああ。虚空に向かって吼えた。

わたくしは、今さら言うまでもないが紳士だ。物腰は穏やかで優雅。眼差しは慈愛に満ちており、神々しい気品すら漂っているのである。

だが、げ、激情がおさえられぬわ! 床を転げまわるわたくし。ぎゃああああああああ!

安奈様の日記を読んでしまったのだ。紳士なわたくしといえど、この日記だけは我慢ならぬ!

何事かと思うならば、22日「家計簿」なる文章を読んでみるが宜しい。→ もこもこ日記

安奈様は、りあるお嬢様である。とてつもない金持ちだというのは承知しておったのだが、なにこれー! なにこの家計ー! まーじでー!

> Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
> こんなに必要なの??
> 思ったより。。いや かなり多い。。
> 2人合わせての収入が約700000円
>
> 700,000-約500,000=200,000残ることになる・・
>
> でもぉおおおおおおおお
>
> 実際は毎月10万残らないのだ。。
> 何故だ?w

んなこと、知らんわああああああああああああああああああああああああああ!

声を大にして言いたい。しるかーーーーーーー、しるかーーーーーーー、しるかーーーーーーーーー! ×100

余談ながら、大にして言うってのは、だいにしていうのではない。まさるにして言うのである。たとえば、北野まさる。もしかすると塩まさるだったり、土居まさるになるかもしれず、仕舞いには井深まさるになって、しるかーーーーーーと叫ぶのである。ソニーの創業者に怒鳴りつけられたら、さぞ肝を冷やすに違いない。余談というか妄想であるうえ、書いた自分ですら意味が分からない。

やい、安奈! 貴様は多くの人間を敵に回した! 貧乏人のひがみが、いかに恐ろしいか思い知るがよいわ!

最初に言っておくが、わたくしを敵に回すと厄介だぜ。かつて喧嘩をした相手に、「チワワとかマルチーズみたいな獰猛さだ」と恐れられたことがあるのだからな!

キャンキャンキャンキャンキャンキャン! と、これでもかというほど喚き続けてやる。キンキンと頭痛に見舞われること必至なのであって、鬱陶しいことにかけて、わたくしの右に出るものはおるまい。

ククク! 安奈よ、わたくしがもたらす災厄を避けたいと欲するならば、心して聞くがよい。一度しか言わぬゆえな!

余った銭を、少しでいいんで融通してください……。

お恵み下さったならば、安奈様のしもべとなりまする。足でも、尻でも、乳でも舐めまするゆえ、なにとぞ願いを聞き届け下さいますよう、お願い奉りまする。へへ……。

安奈様、なにか御用はございませぬか。卑しきわたくしに何事なりとお申し付けくださいまし。へへへへへ。

ああっ、安奈様、安奈様、お逃げにならないで、あの、その、安奈様、ああああっ……。ああん……。

くぅ。逃げられた。夢破れたり。

かくなる上は、せめてgpだけでも対抗すべく、月70万gp稼ぐことにする。くすん。がんばる。

出でたるは、純武士またざ。目標スキル構成は以下のとおり。

武器 120
解剖 120(現100)
包帯 120(現100)
魔法抵抗 120(現110)
武士 120(現110)
盾 120(現110)

この構成でどこまでいけるのかは、神のみぞ知る。しかしながら古来より、「断じて敢行すれば鬼神もこれを避く」と言うのであって、気合こそ肝要であると心得うべし。

同じような理屈をお題目のように唱えて無残に大敗した、第二次大戦の旧日本軍のことは頭から消去。

出陣じゃあ!

やってきたぜ、イルシェナー霊性のブラッドダンジョン。黒閣下に挑むのだ。UOで鬼神といえば、黒閣下を他に措いてはあるまいゆえな!

鬼がいるじゃん、とか横合いから余計な口出しするやつは、キャンキャンキャンキャンまとわりつきながら吠えてやるので、覚えておくがよい。

肩慣らしのつもりでノーマル倒すうちに、パラゴンが沸くだろうから叩いてみよう。と、事前の計画を台無しにする事態が起こった。到着してみると、いきなり金色の黒閣下が、ばさりばさりとお出迎え。

はてさて、金色であるのに黒閣下とは、これいかに。

答えを出す暇もなく、死亡つかまつるわたくし。よもや、打撃ニ発で沈むとは思わなんだ。ぬかったわあああ! 

乗りドラまで死んで、もう散々。朝方5時頃の出来事なんで、ドラを蘇生してもらおうにもテイマー様が見つからぬ。なんで、わたくしがこんな目に遭わないといけないというの! 真っ当に生きてきたのに! ヨヨヨヨヨ、とハンカチを噛み締めながら、ログアウトした次第。

リベンジは、またいつの日か。昔の人も嘘を言うことが分かり申した。もう信じない。

安奈様、わたくし月70万gpですら無理かもしれませぬ。どうか慈悲を……。

2006年05月22日 (月) | 編集 |
20日、21日とギルドメンバー揃っての狩りに参加できて、あら嬉しいな。

20日は、バンジージャンプから、死者の町ニブルヘイムへ。近くの薄暗いフィールドにて狩りを行う。わたくし、はっきり申し上げて何の役にもたちゃーしないのである。

わたくしが目指しているVIT槍という職業は、パーティーの壁役となってモンスターの前に立ちふさがることになるそうな。であるならば、タゲ取りに慣れておかねばならない! 今のうちから! ということで、みんなが固まっている外側をうろうろと歩き回る。

なーんて、たった今考えた後づけのもっともらしい言い訳。実際は何も考えてませぬ。剣士なんざ死んでなんぼじゃーいという死にマニアでござる。ケケケ。

目論見どおりに、あっちからこっちから異形の魔物が攻めてくるよおおおお。ああああん、いやあああん。こわいのぉぉぉ。さっそく、おっちぬわたくし。プリースト様がヒール飛ばしてくれるのに、ヒールをかいくぐって死ぬる死ぬる。脂汗でぬるぬる。

「俺って、うざい?」

こっそり聞いてみたいが、「うん、たまらなくウザイ」と本当の思いを吐露されるとショックなので、黙って徘徊。いろいろ出てくる化け物の中で、ロリルリってーのが一番激しいですな。わ、わたくしには倒せぬ、わたくしには女の子は倒せぬー。倒されたいが倒せぬー。で、邪な欲望どおりに倒されまくって幸福感でいっぱい。


21日は、GDへ。

GDって何の略称なのだかも分かってないくらい、調べる気の無い手抜きもので失礼。ROやってる人なら書かずとも分かるだろうし、やってない人は書いても関係ないだろうし。おおおう、調べる必要ないじゃああん。完璧だ。

はてさて、いかなる化け物が我々を待ち受けているのであろうか? 知らないのは、わたくしだけなのだが。

どうやら、昨日の場所ほどは化け物も強くないらしく、たまにしか死なないわたくし。情報が無いに等しいので、己の身の危険度で以って難易度を測っている。

属性武器ってのが無いとだめだと分かったのは、狩りが始まった後。知ってたとしても持っていきませんがね。もっとも、属性武器ってのを一本も所持してないので、持っていくいかない以前の話でありますが。ありがとうありがとう。

後から聞いた菜摘さんの話では、地下3Fまで降りたもよう。一人で相手できるのはグールまでで、馬みたいな化け物とか、操り人形みたいな化け物とか、布被ったおばけとか、ダメージとおらんし、打撃痛いしで、やっぱり役にたたないわたくし。

まー、あれだ、タゲ取り訓練である。ははははははは。そういうことにしておいてくれたまえ。

たっぷり楽しませて戴いて、本日の狩りも終了。また次回も宜しくぅ。

*本日終了時点での装備*

5/21 終了時点での装備

2006年05月20日 (土) | 編集 |
UO終了後、すぐに寝るつもりだったが、菜摘さんに挨拶と愛を語らうためにログイン。

なんやかんやしているうちに、竜宮城にギルドメンバーが集まってるからあ、との呼び出しを喰らう。先輩戦士の壁で土精を横殴る仕儀と相成った。ありがたや、ありがたや。

UOは戦闘中でもあっちこっちに走り回るが、ROは一旦叩き始めるとよほどのことがない限り動かない。足を止めてのガチンコ殴り合いとなる。

楽だけど暇あ。暇、暇、暇あ。ターゲットは壁役が受けているので、ほとんどダメージを受けない。ちゃんとヒール専門職(プリーストというのでしたかしら?)が居てくださるので、ますます気分が緩む。

したがって、UO毎度のテンションで、いちいち「ぎゃああ」だの「うおお」だのと叫び、しょーもない変態話題をしゃべくり倒すしかない。

順調にレベルがあがり、やれ嬉しや、目出度や。ベース52、ジョブ39から始めてタイトルの通りに上がり申した。菜摘さんをはじめ、皆様ありがとう。

人に壁させておいて、倒したモンスターが落としたアイテムは片端から戴いたわたくし。寝る間際にNPC道具屋に売りに行ったらば50kzにもなりましたぞ。

装備なんか買わず、おもち25個(回復用アイテム)に変わると思いまする。餅を地面に敷き詰め、

「おおおお、なんという肌触りじゃ。ああああ、若い女子(おなご)の柔肌の如きに吸い付くわ。ぐふぅ、たまらぬ、ぐふぅふぅ、ぐふぅふぅふぅふ」

と、歓喜に打ち震えつつ、喉の奥で押し殺した笑い洩らしながら転げまわるプレイをしたいのに、そーいう機能なんざありゃーしねーよRO!

UOは服を脱いでふんどし一丁の全裸になれるというのに、ROに棲まう変態衆はどうやって日々のうさを晴らしているのであろうか。謎である……。

2006年05月20日 (土) | 編集 |
パブリッシュ40が導入された。

導入された変更項目はいろいろあるが、対人可能なF世界などおそろしゅーて足を踏み入れないわたくしたちにとって、関係があるのは武器振り速度の変更だろう。

つまりは武器の振り速度が速くなったり遅くなったりするのである。どの武器がどの程度、速くなったり遅くなったりするのかが分からない。あああ、早く調べたい。

計算式は、いくつかのサイトで公開されているが、お馴染み * 毒の世界 * が一番分かりやすいように思う。


あまみーの愛用弓

MLボス討伐に使っている弓騎士あまみーが、最も大きい影響を受ける。普通の狩りは死のうが逃げ出そうが、別にかまへんのだが、ボスは高額アイテム狙ってギラギラ脂ぎってるからねー。

毒の世界に掲載されている計算式に基づいて、最大スタミナ186のあまみーが、画像の愛用弓を用い、騎士魔法のディバインを唱えた最速時を計算してみた。

・基本振り速度4.25秒-スタミナによる短縮1.5秒=2.75秒

・スタミナ短縮後の速度2.75秒×100/(100+速度プロパティ35+ディバイン10)=1.89≒1.75秒

1.75秒打ち……。今までは1.25秒で打てていたから、一発0.5秒遅くなるらしい。ううう、それにしても計算めんどくさいな、これはあああ。もっとも遅いのは、自分の頭の回転であることが分かった。完。

いや嘘。続ける続ける。

数字は分かったが、問題は体感だ。同じく弓騎士を操るよん様を呼び出して、ボグさん、レミさんと共に霊性ブラッドの黒閣下退治に向かう。さあ早く早く。

早速に黒閣下と戦闘開始。何匹か倒して、遅さが身に沁みる。1.25秒撃ちの世界に身体が慣れてしまっているから、パワーダウンは辛い。UOの将来を考えれば、敵と接触しなくて良い利点を持つ弓を遅く(すなわち弱く)するというのは正しい方向だとは思うのだが……。

いよいよ実地にMLボス討伐を行うことにした。パンパカパーン。やってきましたドレッドホーン。なにやら海藻が湧きっぱなしで放置されており、楽々、ボスへのキーアイテム一つ確保。ふむ、人がいないのであろうか?

訝しみながら歩を進めると、案の定、誰もいない海。二人の愛を確かめたくて、あなたの腕をすりぬけてみたの。光るおでこの眩しさ。息もできないくらい。早く強く捕まえに来て。死期なんだもの。私は今、死んでいる。……オレンジ色の妖精Irkにやられた。くそう。

あまみーは、マナ回復を主に武器によるマナリーチに頼っている。装備に幾分かのマナ回復と、フォーカス40+瞑想20(人間保証分)の回復はあるが、騎士魔法+SPMを連打するマナ消費の激しさを考えたら、マナ回復は気休めである。要らないとは言わないが。

武器速度が遅くなったことによって、相対的にマナリーチ量が減った。マナが足りなくてSPMパラライズ・ブロウ(麻痺打)が打てず、PMポーションだけでは振り切れなかった。くおおおおおおおお。

メイジのボグさんは、GHワンドを振って体力を回復しようとしたところ、仕様変更によって身体硬直に及び、かえって死んでみたりしたらしい。みんな、いろいろ苦労してるね、ははは。

なんだか敵をうまく捌けずに死ぬること数回。余計な敵のターゲットを受けないよう、常時、名誉の徳を使っていたから、段階が落ちること落ちること。上げるのが面倒だのお。

途中、うりさんが加わったことで楽になり、やっとのことでキーが揃う。少しの順番待ちの後、ボスに入る。

武士盾騎士×1、弓×2、メイジ×1、テイマー×1の構成で15分近くかかった。なんだか今までの倍くらいの時間を費やしていませんかの……。

しばらく使っていなかった弓騎士。腕を鍛えなおすのと、名誉の徳を上げるために、狩りに出さないとあかんかなー。ふおう、ふおう。

2006年05月18日 (木) | 編集 |
オークブルート召還タリスマンを購った。


ブルート様勇姿。

タリスマンのチャージを使うと、こんなのが出てくるのだ。このデカさ! ゴツさ! お好きな人にはたまらなかろう? わたくしは、お好きな人だから辛抱たまらない。こんなのと共に戦えると思うだけで、UOやっててよかったと幸福感に満たされる次第である。

ちなみに90万gp也。よん様に頼めば安かったろうけど我慢できなかった。また無駄遣いしてエプロン入手が遠のいたが、将来のエプロンより目先のブルートを優先させる。それが、わたくし。

まるごしとまたざの、騎士スキル無し戦士コンビに使わせようかと思っている。騎士スキルの理不尽な攻撃力がないと、敵によっては一桁台のダメージしか入らないこともあり、ひたぶるにうら悲しいのである。そこで、オークブルート様にも手伝っていただこうという寸法だ。

ただし、召還ブルート様は命令を受け付けない。SWスキルで魅了した本物のブルート様だと、「攻撃せよ!」の命令に「了解しましたブラザー。俺の熱い戦いを見てくれ! へへ」などと答えて殴りかかってくれるところなのだが、ブルート様に限らず召還タリスマンで呼びだした生物は、

○召還された生物は、召還者が接近戦攻撃を行えば召還者と共に攻撃に参加します。
* パラリシャン 参照*

なのである。まず、自分がタゲを取って戦い始める必要がある。召還生物を戦わせて自分が横殴り……というヘタレな戦い方はできないので、あしからず。

よーし、早速ブルート様の実力を試さねばならない。まるごしに装備して、霊性ブラッドに出撃した。とりあえず血エレあたりから倒してみるのである。

すると……。おおおおう! 一人で戦っているときよりも明らかに殲滅速度が早いではないか。マンモスうれぴー。

この調子だ。ガンガン倒す。どんどん儲かる。くすくす笑う。

と、満を持して血エレパラゴンのお出まし。待っていたのである。貴様を。気合を込めなおして斬りかかる。ブルート様も攻撃に参加。

だが。いたーい、いたーい。まるごしは武器スキル110、盾スキル75、命中防御ともに+35、抵抗65平均であるが、張り付くと数秒ともたずに死にかける。

死ぬるのは嫌じゃ。保険金が怖いからね。離脱して盾を外し、各種POTを飲み、包帯の巻き上がりを待ち、体制を万全に整えてから、再度切りかかる。また数秒後には瀕死になるから離脱して……を繰り返す。

すると、ブルート様の挙動が怪しくなった。周囲をうろうろするばかりで、ちっとも殴ってくれないのである。おや? なぜだろうと、ブルート様のHPバーを引っ張り出してみると真っ赤。ブルート様も死にかけてらっしゃった。ああああ。

試しに包帯を巻いてみたが失敗。包帯スキルでは体力を回復してあげられないらしい。まるごしはアルケミ戦士である。騎士や魔法のヒール呪文を持っていない。どうしようもない。この無力感。ははははは、と笑って誤魔化すしかあるまい。

ほどなくして、ブルート様死去。地面に横たわるでかい死体が、えもいわれぬ終末感をかもしだす。孤立無援。ジリ貧。破産。脂症。加齢臭。生涯独身。孤独死。と、不愉快かつ忌まわしき単語ばかりが脳裏をよぎる。

わたくし、幸福な予感は実現した試しがないのだが、不幸な前兆だけは外れたことがない。包帯巻きのタイミングをミスって死亡つかまつった。ぐはー。

霊性アンクまで幽霊マラソンで戻り、蘇生。死体へと駆け戻り棺おけ開いたがPOT袋がねーじゃねーかー。血エレの野郎にルートされてしまったようだ。どーしよう、POT無しでは戦えない。取りに戻ろうかな……。

思案していたところ、クーシーにまたがった通りすがりのテイマー様に「がんばって!」と声援を戴いた。見栄っ張りなわたくしは「帰ります」とも言えなくなり、包帯だけで戦うハメになる。

途中、あまりに苦戦するわたくしをみかねて、テイマー様がヒールを下さる。しかし、いつまでたっても血エレの体力が減らない。戦いが終わらない。

そらー、そうである。まるごしの一撃は15前後。騎士スキルがないからディバインが使えず、赤POTも無いからスタミナが回復できない! 何秒振りなんだ、これはああああ。

辛うじて、愛用の包丁からSPM出血攻撃を繰り出し、じわりじわりと削る、削る、削る……。

ようやく戦いが終了したのは、実に20分後。なんとか頑張った自分を褒めたいが、それよりもなによりも、その間ずっと逃げずにヒールを下さったテイマー様に、厚く御礼申し上げたい。

「やったね! じゃあ、また!」

と、爽やかに去っていったテイマー様。お名前を確認する余裕もありませんでしたが、その節はお世話になりました。

アルケミ戦士まるごし。狩場で見かけたら、優しくしてください。みんなの愛に支えられて今日も生きています……。

2006年05月17日 (水) | 編集 |
はぁーい、こんばんは。ROへ行ってきたよ。

UOに飽きたというわけではないが、菜摘さんの熱烈な歓迎を受けている。

装備と資材が流れ込んでくる。あわわわ、こんなに貰っていいのかな、あらあらあらうひゃひゃと申し訳なさに慌てふためきつつ、人生にスレまくったおやじは、くれるというものは全て有難く戴いてしまう。ごっそーさん。ゲフ。

スレまくった上に無礼なおやじであるわたくしは、戴いておいて記憶が薄れ掛けているのだが、黄色POT800本、ハエ200個、蝶200個以上を無料にて。その他、狩場現地でも回復薬を輸送して下さり、支援品の総額はいかほどになろうか想像もつかぬ。

1948年6月。ソ連による西ベルリン封鎖に対抗するために、西側諸国(主に米国)は輸送機を総動員して、ベルリンに対する空前規模の輸送作戦を行った。いわゆるベルリン空輸である。

と、唐突に関係のないことを書いた。こーいうのを実のないハッタリ主義というのであるが、菜摘さんは米国に匹敵するような巨大資本を、わたくしの剣士「おばきゅー」に投下してくださっておる。畏れ多くて、菜摘さんのいる方向には足を向けて寝られませぬ。お尻は向けると思うけども。

「早く強くなってください」

菜摘様にせっつかれ、背後から迫る物の怪の気配に怯えるようにして、おもちゃ工場にてクルーザー(織田鉄砲隊と勝手に命名)を狩っている。狩らねば自分がやられる。

人が無償で何をしてくれる場合、裏には相手の思惑が潜んでいる。他人にやらせた方が面倒がなくて楽だから的な、しょーもない理由で人を使って平気な人間がいるが(どこの王様気取りか、やってもらって当然と思う馬鹿も)、「お前は楽でも、俺が面倒だろうよ」という至極当然な反感を抱かれて、必ずしっぺ返しを喰らうのだ。

米国がベルリン空輸を行ったのは、共産陣営には絶対に西ベルリンを渡さない、いかなる対価を払っても死守するという意思表示である。

では、菜摘様の狙いとは何であろうか? 菜摘様の日記を覗いてみることにした。

> ってーか、折角くろさんがROに来てくれたので、【おもてなし】をしたいのだが なんせ長くログインすることが出来ないため、せっせとソロでLvあげてくれよ~って・・・うるちまに逃げ帰らないように縛り付ける意味をもって貢いでおりますので(爆)
>
> 逃げるなよ!くろさん(激爆)

ヒィィィ! もう逃げられなーい!

強大な菜摘帝国に抗う術もなく、今日もおもちゃ工場で狩りに勤しむわたくし。VIT槍ってーのを目指して修行中。ベースLv51になったところで、戴いた黄色POT800本キレイに無くなりもうした。

次の補給、まだー?

ってことで、今宵は寝ることにいたしとうございます。


060516.jpg

2006年05月14日 (日) | 編集 |
トレジャー・ハンティング祭りである。

というのは、トレハンキャラSabrowの銀行が地図で溢れかえり、物が入らなくなったがゆえ。数えてみたら、Lv6地図が30枚、L5地図は60枚もあった。

自宅にはさらに、Lv6地図が50枚、Lv5地図も同数程度ある。一人でちまちま遊んでいたのでは、全てを掘り出して消費するのが先か、UOサービスが終了するのが先かわからぬ。

ちょうど、ももさん、こまさん、よん様、うりさんが居たので、連れ出すことにした。

掘り手はわたくし。ちなみに、Sabrowはもともとトレハンバードだったが、Niyariの為に音楽スキルを移動してからというもの、スキルの中途半端な何もできないキャラとなり申した。したがって何もしない。

トレハンなんてーのは、和気藹々とやるもんじゃねえとわたくしは思うのである。Lv6宝箱からは、黒閣下、古代竜などが守護モンスターとして出てくるが、今のプレイヤーの装備レベルでは、皆が協力して戦ったら1分もたずに討伐されてしまう。

次のモンスターが沸くまで、暇そうに周囲をうろつくプレイヤーなんていう光景は、実によく見られるのであって、こういう緊張感のなさがトレハンをつまらなくさせている原因の一つであるに違いない。

そこで、M*Rのトレハンは、掘り手と受け手(討伐組)の真剣勝負となる。掘り手はどんどんモンスターを沸かして、受け手を殺しにかかる。

ははははは、黒閣下湧いた湧いた。それそれ、次湧け! 次湧け! よしゃああああああ、古代竜来た! がはははははは、よん様しんだ! うおりゃあああああ、さらに湧け、湧け、湧け! はははははは、うりさん死んだ! ははははは、よーし、こまさんも死んだ!

はははははは。リアルで笑うわたくし。宝箱の中身を取り出す(動かす)たびに、守護モンスターの湧きチェックが入るから、セリフを打つ暇も惜しんで宝箱の中身を漁る。それそれ湧け湧け!

この時点で、画面には古代竜×2、血エレ×2が闊歩。どうやらメンバーは、ももさんを残して壊滅した模様。幽霊のうりさんが、うろうろと歩き回るが、わたくしは一切、蘇生には手を貸さず、さらにモンスターを沸かすのである。ははははは、楽し。

かように楽しいひと時を過ごして、都合3枚、地図を消費した。出てきたMAFは、火ハルバート、白熊、蝋燭台。おお、海MAF蝋燭台が出ましたぞ。海MAFは、パラゴン討伐では手に入らない種類のMAFなので、稀少価値がついて値段が高い。

サイコロ勝負と交渉の結果、蝋燭台はよん様の手に。おめでとうございます。内装に使ってくれたまへ。

わたくし、海MAFの赤カトラスが欲しいので、出るまでLv6トレハン続けるつもりである。おつきあいを願いたいなー。できれば、りある女性と。きゃっ♪

2006年05月12日 (金) | 編集 |
うふふ。うふふふ。うふふふふふふ。

出たのである。何がって、ああんもういやーねえ。AFに決まってるじゃなああああい。

カウンター394で、毒足が出た!

3つ目のAFである。やれ目出度きかな。ああ嬉しや。ふにふに踊りで自らを祝う。はー、ふにふに。

とか言ってる間にも、ボス戦は続行中。保険かける間もなく死にかける。慌てて逃げ出す。ついてくるレブナント。

やだ! ウソッ! 怖い!

いつだったか、夜道でわたくしとばったり出会った女性のように、ヒッと息を呑み、身をすくめて震えてみる。ヴァンプ騎士Ayaseは女性キャラであるからRPなのである。

って思い出したら、ムカムカイライラしてきたのだが、そーいう時は鞄の中の緑足を愛でる。うふふ、うふふ。

そんなことをしてる間にも、レブナントはわたくしを殴っている。ヤツが振るうハルバートが命中し、バキーン、バキーンと打撃音をたてる。

ウソッ、怖いっ、痛いッ! イライラムカムカ。うふふふ。バキーンバキーン、痛い、怖い、ムカムカ、うふふふ。バキーン、バキーン。

キリがないのでこの辺で止めるが、まあ上に書いたような次第にして、AF毒足ゲッツ。数日前に買ったばかりなんだけどもね。

しかし、毒足を買っていなければ、装備のバランスを試そうという気にもならなかったわけで、ダブってしまったとはいえ嬉しき出来事にて御座候。世の中は感謝である。ありがたい、ありがたい。

久しぶりのAFだにゃー、嬉しいにゃー。と、怪奇にゃーにゃー男になって目出度き出会いを寿ぎつつ、装備が壊れるまでと思い、ボス叩きを続けておると、あれ! またAF取得メッセージが出たよ!

カウンター35で、AF青頭! 

にゃああああああああああああああああああああ! にゃあにゃああああ! にゃあ! にゃっにゃっにゃー! にゃっ! ……読者を置いてけぼりにしている予感がヒシヒシと伝わるが、いつものことなので気にしない気にしない。

一日で二つ取れるなんて、ツイてるわあ。ホクホクフクフクしつつ帰宅致し候。運は波だと信じているので、運気が上向きの間に、しばらく篭ろうかと思っております。

ジャッカル首→青盾→毒足→青頭と来たから、そろそろ武器が出そうだけど……。

2006年05月11日 (木) | 編集 |
対岸に行ってみた。

ヴァンプ騎士Ayaseが、AF毒足を装備してなんとか抵抗の折り合いをつけたから装備を試すためである。ついでにAFが出ると良いなあ。黒熊とか、青腕輪とか、ジャッカル首が良いなあ。うへへうへへ。

一時期、めっきり人が少なくなったドゥーム対岸だが、なにやら人が大勢おるね。みんなMLボスも飽きて戻ってきたのであろうか。

ネクパラが10人以上、弓とメイジがそれぞれ同数くらい。ルンビとクーシーが2、3匹ずついる。ルンビの特殊攻撃が入ると、ダメージが120とか入るよー。すごいよー。まー、楽でさーね。

10時を過ぎると人はさらに増えて、最盛期を思い出させる重さ。パパも7匹だか8匹だか沸いて、あちこちで死人が出ておりまする。往生いたせ。なむー。

と、BO喰らったわ。武器外す……が、ラグで外すの遅れたあ、すげえダメージ反射きたあ、あああああ動かない! →死亡。

げええええええええ、ヴァンプ解除されましたぞ!

わたくし思うのだが、ヴァンプだの、バードのPMだのと「楽なスキル」を撰んで使うようになると、それに依存して下手になるよね……。

帰ろうか、どうしようか迷ったけど、今までヴァンプ無しで頑張ってたのだからと、しばし滞在。そのうちドラ鎧も壊れたから帰り申した。カウンター260→342まで回したが何も出ず。

金髑髏10個近くあるから、また明日も行くことにいたしとうございます。

第一希望・黒熊。
第二希望・ジャッカル首。

どうぞ宜しく。

2006年05月10日 (水) | 編集 |
べドラムに行くことになった。いつもプリズムとドレッドばかりじゃ飽きるからね。

人数は、うりさん、ボグさん、ももさん、よん様、レミさんと久しぶりに揃う。わたくしは沈静メイジNiyariにて出撃。

先発してダンジョンの中に入ってみると、あら先客様いませんでございますわね。するとどーなるかってえと、赤いのやら白いのやら黒いのやら、キーを持っている骨たちが一斉に襲い掛かってくるわけにて御座候。当然、強いので御座候。わたくし、早速死に掛けましたで御座候。

うおおおおと、叫びつつ範囲PM連打。普段、範囲PMしか使わないバードってヘタレの代名詞だよね~、とうそぶいていたのであるが、わたくし今の瞬間まさにヘタレ。しかし死ぬわけには参らぬのでござる。うおおお、範囲PM、範囲PMっと。

そうこうしているうちに、遅れていたメンバーたちも順次到着。競合相手がいないせいか、集まりにくいとされているキーも順調に拾うことが出来、ボスに突入~。弓3枚、メイジ2枚、生産1枚で挑む。

べドラムボスは、攻撃速度と呪文の詠唱速度を大幅に下げる特殊能力を持っている。他のボスに比べるとどうしても、人数が多くても攻略に時間がかかってしまう。

なんとか討伐完了して戦利品の分配である。墓石が出た……。内装アイテムで、飾る以外に使い道はない。

「いらね」「いらね」「いらね」と皆に嫌われる墓石。そんな中、よん様だけが「欲しい」とのことで無事に貰われていく墓石。たくさん集めると墓苑内装ができるやもしれんね。楽しいかどうか分からないけども。

そーいや昔、洒落で作った「飛鳥変態協会 [AHK]」のギルド石があるけれど、墓苑作る時には供出するので声をおかけなさい。うっふ。

2006年05月09日 (火) | 編集 |
GW前から、ほとんどUOで遊んでいない。

GW中もログイン時間は少なく、何をしているかというと、またもこっそりROで遊んでいたりする。2日間のお試しIDと、5日間の新規アカウント無料期間を使って、ウハウハ無料プレイと洒落込んでいたわけである。

前は弓キャラを作ったので、今度は剣士に挑戦。騎士になろうかと思っている。というわけで、今はおもちゃ工場でクッキーを食べまくっている最中。おかげさまで、Lv41になりました。ありがとうありがとう。

さてUO。

テイマーBikkleの動物調教スキル上げに飽きて、ルンビのシリウス君育成が放ったらかしだったことを思い出す。たまには一緒に狩りにいくか。

Bikkleの狩りは、抵抗のバランスが良い(=打たれ強い)化け狐のPolluxを盾にして、ルンビを横殴りさせるスタイルになっている。

何を狩ろうかなーとしばし考えて、霊性ブラッドの黒閣下に決定。パラゴンにどこまでいけるか試してみたい。

ノーマルの黒閣下は楽勝。狐+ルンビで、ペットスロットが一杯なので、Bikkleは徒歩である。本人がタゲられるとあっという間に死ぬるので、黒閣下の死体を漁りながらも油断が出来ない。新しい黒閣下が湧いた位置を見て、自分の立ち位置を調整。

とかなんとか言いつつ、お金拾うのに夢中になって数回死んだのは秘密。うふ。

しばらく狩りを続けていると、やったー、黒閣下パラゴン湧いたよ!

「all kill」でペットを突っ込ませ、インビジ詠唱。パラゴンは動くものにターゲットを移す性質があるから、ペットに包帯を巻こうとして迂闊に近づくと、テイマー本人にターゲットが移るのである。テレポートで移動するか、インビジをプレキャストでタゲが移ったら消えるかの選択はお好みで。

幸い、攻撃を受けることなくペットの傍につけた。all kill命令から、最初の包帯を巻くまで5秒かかっていないが、黒閣下の攻撃はさすがに痛い。化け狐Polluxの体力が半分以下に減っている。

ここから、死に物狂いでグレーターヒールと包帯巻きで盛り返す。Bikkleは音楽スキルが一切ない代わり、EIが入ってるから、ペットにブレスを入れてステータスを上昇させ、黒閣下にカースを入れてステータスを低下させる。一瞬の反応の遅れでPolluxの体力が半分以上削られる。

Polluxが死んだら壊滅必至。うおおおお、頑張れPollux、頑張れSirius、頑張れ俺様ああああ。諦めちゃなんね、諦めちゃなんねええええ。

死闘数分……。やった、やったよおおおおお。正面からの叩きあいで勝ったよおおおおおおおお。わーい、わーい、わーい! よくやった、ペットたち! 感動した!

うへへへ、と怪しい笑いを洩らしながら、黒閣下の死体からお金を漁る。と、いつの間にか新しい黒閣下が真横に湧いていて、わたくし死亡。

狐君とルンビ君も、黒閣下パラゴンとの戦いでマナを使い果たしており、飼い主の後を追って殉職。ええええ……。

泣きながら蘇生を果たし、黒閣下を仕留めて帰還申し候。はー疲れた。

その後、なんとなく沈静メイジNiyariでプリズムへ出撃。あっけなくカギが集まった。誰かいるかしら、とメッセとIRCにログインするも誰もいねーや。そらそーだぜ、午前2時。おぅいえ。

しゃーない、一人でやるかなと弓騎士を出撃させて、危険もなく討伐。さて戦利品であるが、エプロンは……、ないな。クリスタルリング……、無い。その他MAFもAFも無いっす。ぅぅぅ。

だが、しかーし。おや、この足防具は? とクリックしてみたところ、「アサシンアーマー」の表記が。うおおおおおおお! アサシン足が出たああああ。相場調べてみると、900万で募集してる人いるじゃなあああああああい。キャホー。

売る! 絶対売る!

そのお金で何を買うか、幸せな夢を見ながら眠りにつくことに致します。ありがとうありがとう。

2006年05月07日 (日) | 編集 |
連休終わっちゃうよ……。

わたくし、友人と夜中遊びに出かけた以外は、のんびりと過ごした。

海が近いので自転車で出かけて、2時間くらい本を読んでいたり。喫茶店でチーズケーキとコーヒーを楽しみながら、2時間ほど本を読んだり。近所猫と緊張感をはらんだ睨み合いを展開しつつ、猫缶を開けてご機嫌を伺ったが逃げられたりした。

ただ、すっかりおっさん身体になったもので、夜中遊んでからリズムが崩れて戻らず、どうしても、だらだら昼寝してしまって大変にいけない。UOもまともに遊んでいないし……。

ヴァンプ騎士アヤセにAF毒足が欲しいなーと思っていたところ、うりさんが安めで売ってる店をみつけたとのことで買っていただく。

AF毒足は、命中+20が魅力である。ヴァンプ騎士はキャラの特性上、攻撃が当たるたびにHP回復するのが強みだから、攻撃の当たらないヴァンプ騎士というのは問題外。武器スキル120で命中+45は、どうしても欲しいところであった。

わーい、わーい、毒足だー、わーい。と、小躍りして装備。そして、わーい、わーい、抵抗が崩壊したよー、わーい、わーい。

ぬおおおお、炎、冷気、エネルギーに20ずつ入った胴鎧パーツが欲しいざます……。血板で強化した木製鎧を探すしかないかのお。お持ちの方いらっしゃいましたら、譲ってくださいまし。

▼求む

物理 10以上
炎 20以上
冷気 20以上
毒 不問
エネ 20以上

さらに、スタミナ+8、マナ+8、HP+8ってやつが、ありましたら是非(そんなもの存在しねえ)。

2006年05月04日 (木) | 編集 |
よん様に、図書館コレクションのアルケミタリスマンを取っていただく。アルケミ戦士のまるごしに装備するのだ。わーい。

ちなみに、アルケミタリスマンってのはこんなの。


アルケミタリスマン

ポーション強化が欲しかったのである。つけて戦ってみたが、あんまり効果ねえええ。わーい、わーい。

考えてみりゃ、装備で他にポーション強化つけておらず、このタリスマン単独の効果しかないのだから、さほど変わるわけがない。オーナープロパティがついてるので、保険代かからないのが救いかね。

戦術捨ててメイジリーをいれた方が、出来ることが増えて楽しいのか悩んでおるところ。ぜひ、ご意見求む……。(要はなにやりたいのか、自分でも分かってないってことで、ありがとうありがとう)

2006年05月01日 (月) | 編集 |
新しい仕事が見つかり、研修を受けておった。はー、辛かった……。

先週で研修が終わったから、GW明けからは、またログインできるようになる……はずである。うふ。

ウサ晴らしに、友人そめたんと会って飲んだ。話が盛り上がり、飲みに飲んだ。胃のことは忘れた。刹那快楽主義である。

同じように、そめたんは酒を飲んだことを忘れて、車で家まで送ってくれると言い出し、ドライブと洒落こんだ。後先考えてない主義である。

柏から千葉まで国道16号線をひた走る。人生の意義などを熱く熱く語り合う。どれだけ熱く正論を語ったとしても、検問やってたら人生終了なのであるが、気にしない気にしない。

どのあたりまできたのか。一瞬、歩道にピカピカ光る赤いランプが見えた。

ん?

私は、視線を少し運転席の方に向けていたので、ホントに視界の端をかすめただけだった。そめたんが言う。

「あれ、自転車じゃない?」

む。そうだったろうか。私はそこまで確認できなかった。なぜ自転車が歩道に倒れているのか。

……事故?

ヤバイヤバイ、戻って確認しよう。ってことで、車をUターンさせて確認すると、ぎゃああああああ、横倒しになった自転車のそばに人が倒れてまあすぅぅぅぅ。

駆け寄ってみると、見たところ50歳代男性。幸い意識ははっきりしており、「救急車呼んでくださああい」と言うので、携帯取り出して119コール。齢三十×歳にして初めての経験である。

我ながら緊張して上ずった声で状況を説明。だって、おじさんが、手と足が痺れて動かないとか、呼吸ができない苦しいとか言うんですもの。

どうも、暗闇で歩道に段差かあったのを確認できず、スピード出したまま突っ込んで投げ出されて、身内用語で言うところの「林ミサイル」になったようだ(バイクや自転車から放り出されて、地面に頭から突き刺さった状態を指す)。

首を痛めたのであろうか。これって救急車くる前におじさん絶息したりしたら、通報した私たちが取り調べ受けることに? うわああああ、おじさん、ちなないでああああん。事故が自爆であると説明した後なら、死ぬのは許可するからあああ。

ああ、いや、できればおじさん大富豪で、無事に退院したあと、私たちの住所を探し当てて貰い、「ありがとう、あの時は貴方がたのお陰で一命をとりとめました。これは些少ですがお礼です。どうぞお納めください」などと言いつつ、金一封(100万円くらい)持って来てくださるというのを希望します(罰当たり妄想終了)。

とりあえず、救急車が来る前におじさん死ぬようなこともなく、搬送されて私たちお役御免。はー、飲酒咎められなくてよかった。ハアハア。

リアルカルマ少し上昇したであろうか? グロリアスロードの称号得るためには、赤閣下(ヤンキー)とか、黒閣下(ヤクザ)とか、狩る必要があるだろうから断念。いいの小市民のままで。

よし、最後に無理矢理UOの話題に結びつけたぜ。問題なし問題なし。