FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2020年05月24日 (日) | 編集 |
雲さん、という男性から聞いた話だ。

雲さんはその日、帝能という名の友人と、とある墓地へ肝試しに行く約束をした。まだ誰も運転免許を持っていない時期の話で、自転車で行くことになったのだが、雲さんの自宅からは自転車で一時間。帝能の自宅は、雲さんの家からさらに一時間かかる場所。

帝能は片道二時間の距離を自転車で移動することになるから、雲さんは電車を使うことを提案した。電車で早めに出かけ、近くのファミレスで食事がてら時間をつぶし、肝試しによい頃合いになったら墓地を探索。またファミレスに戻り、始発を待てば楽だろうと思った。

しかし、帝能は、

「まあ、なんつったらいいんでしょ、わたしって体力のある男なんですよ、異様に。ですから大丈夫です、はっきり言って」

という。本人がそれでよいならと、当初の予定のとおりに自転車で向かうことになった。

もう少しで墓地の正門に着く、というところで、帝能が、

「あっ」

と叫んで止まった。雲さんは場所が場所だけにドキリとしたが、自転車のタイヤがパンクしたのだった。

「帰ろうか?」

と聞くと、帝能は、ここまで来たから肝試しはしていきたい、という。

墓地の中を一時間ほど歩き、帰ることになった。帝能は、自転車を押してゆく。雲さんも、それにつきあって自転車を押して歩く。自転車で一時間かかるのだから、歩いたらどれほど時間がかかるか考えると、雲さんは気持ちが重くなった。

帝能が先に立って進み始めた。しかし、向かう方向が逆だ。そっちではない、と指摘した雲さんに、

「いえ、こっちで大丈夫です、どう考えても。まあ、なんつったらいいんでしょ、わたしは道にくわしい男なんですよ、異様に」

と帝能が答えた。しかし、雲さんは父方の墓がこの墓地にあり、何度も来ているために道がわかる。逆方向だ、と重ねて意見したところ、帝能がキレた。

「いえ! 絶対に! 大丈夫です! わたしにまかせてください! すこしでも近道して早く帰りたいんですよ!」

鋭い声をあげる帝能に、そこまで言うならと雲さんは引き下がった。

だが、あきらかに自宅から遠ざかってゆく。あれだけ自信ありげに叫んだのだからと、しばらく様子を見ていた雲さんだったが、我慢できずに声をかけた。

「もう、ずいぶん時間たってるけど、どうなってるの? ここ、どこだかわかってるの?」

すると、前を歩く帝能は足を止めず、雲さんへ振り向きもしないまま、金切り声をあげた。

「なにを言ってるんですか! わたしが道を知ってるわけないじゃないですかッ!」

「はあ!?」

「……」

「それで、どうすんの」

「さあ! わたしは知りませんね!」

「先導かわるわ」

「はあ、そうですかッ! とっとと、そうしてくれればいいじゃないですかッ! わたしは疲れてるんですよ! もっと、わたしのことを考えたらどうなんですか! いい加減にしてください!」

雲さんの家にたどり着いたのが、それから一時間以上たってから。墓地を出発してから三時間以上たっていて、夜が明けてすっかり明るくなっていた。

帝能の家は、さらに自転車で一時間かかる。自業自得だ、と雲さんは思っていた。雲さんも疲れはてていた。

帝能がブロック塀に自分の自転車を立てかけて、

「ちょっと、この自転車おさえててください」

という。雲さんは、パンクした箇所をチェックするのだろうかと思い、自分の自転車を立てて、帝能の自転車を持った。その瞬間、帝能が素早い身のこなしで雲さんの自転車に飛び乗った。

「この自転車は借りていきます。わたしの自転車は修理して届けてください。明日使いますから、必ず、今日中に届けてください。わかりましたね」

まるで捨て台詞のような口調で言い、雲さんの自転車を奪い去っていった。一瞬の出来事で、雲さんは、あっけにとられて見送るしかなかった。

とにもかくにも一寝入りして、起きたのは夕方近く。帝能の家に電話をするも、つながらない。正しくは、親が帝能に取り次がず、ガチャ切りのように切ってしまうのだ。

雲さんは仕方なく、途中で自転車を修理しながら、帝能の家に届けに行った。自分の自転車に張り紙があった。

「わたしは寝ていますから起こさないでください。勝手に乗って帰ってください」

お礼の言葉など書かれていなかった。

その後、帝能に会った時も一言の礼もなく、自転車の修理代も、ついに払われることはなかったという。
スポンサーサイト



2020年05月16日 (土) | 編集 |
「まあいちおう、相談があるんですけど」

「どうした?」

「わたしの学校に、蟹久さんて人がいるんですよ」

「はあ」

「で、蟹久さんと気まずくなったんですよ」

「ほう」

「まあなんつったらいいんでしょ、この前、眠くてたまらない日があったんですよ。で、昼休みに教室の自分の席で寝てたんですよ。で、蟹久さんが背中にのしかかってきて、『なに寝てるんだよ』とか言うんですよ」

「はあ」

「で、むかついてむかついて殺しやりたくなったんですよ。で、死ね、死ね、死ね、死ね、死ね、死ね、死ね、死ね、死ねえええええって、おもいきり怒鳴りつけてやったんですよ」

「はあ」

「そうしたら、蟹久さんは黙って教室から出て行ったんですよ。で、安心して、また眠れたんですよ」

「はあ」

「それから一週間たつんですけど、蟹久さんが口きいてくれないんですよ。無視されてるんですよ。どうしたらいいと思いますか?」

「謝るしかないじゃない」

「いえ、ちがいます。まあなんつったらいいんでしょ、わたしって、寝るのを邪魔されるのが一番嫌いじゃないですか。わたしの親も、わたしに電話がかかってきたからって起こしにきたことがあるんですよ。その時も、むかついてむかついて殺したくなったので、死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ねえええええっ! て、ずっと怒鳴ってやったんですよ。で、今では電話がかかってきても絶対にわたしのことを起こさなくなったんですよ」

「それで、きみの親は、ぼくが電話したときもガチャ切りしたのか」

「ええ、そうなんですよ。よく寝られるようになって、とても助かるんですよ。わたしって、これくらい眠りにこだわる男なんですよ」

「はあ」

「ですから、まあいちおう、おかしいのは蟹久さんだと思うんですよ。文句があるんなら面とむかって言うべきじゃないですか。わたしは、眠りを邪魔されるのが異様に嫌いなんですよ。で、邪魔されて我慢できなかったんですよ。で、わたしには、ちゃんとした理由があるじゃないですか。で、話をしてくれれば、ちゃんと説明できるじゃないですか。無視するなんて、おかしいじゃないですか。まあなんつったらいいんでしょ、蟹久さんは幼稚だと思うんですよ」

「はあ」

「ほんとうに困ってるんですよ」

「はあ」

「どうしたらいいですか」

「自分の行動で相手を怒らせたんだから、謝るところから始まるんじゃないの?」

「いえ、ちゃんと理由はあるんだから、わたしは悪くないと思うんですよ」

「理由はどうあれ、謝らないと話が進まないじゃない」

「いえ、わたしは今まで自分から謝ったことってないんですよ」

「へえ、そうなんだ。だったら、もう口きかないままでいいじゃん」

「いえ、そこをなんとかお願いします」

「そのお願いは、ぼくじゃなくて蟹久さんにすべきじゃないの」

「はあ、そうですか。まあ、いちおう謝ってみます。でも、わたしは絶対に悪くないと思うんですよ」

「へえ、そうなんだ」

「まったく蟹久にも困ったもんなんですよ。幼稚な男ばかりで困るんですよ。まあなんつったらいいんでしょ、わたしもいろいろ大変なんですよ、はっきり言って」

「へえ、そうなんだ」
2020年05月13日 (水) | 編集 |
帝能ハ神聖ニシテ侵スヘカラス

午前10時――

「おはようございます、帝能いますか」

「寝てます」

「また、かけ直します」

「はい」

午後0時――

「こんにちは、帝能は起きていますか」

「寝てます」

「そうですか、かけ直します」

「はい」

午後2時――

「すみません、帝能は起きていますか」

「寝てます」

「起きたら電話をくれるように伝えてください」

ガチャン。

午後4時――

「何度もすみません、帝……」

「寝てます」

ガチャン。

-----

「昨日、遊ぼうと思って何度か電話したんだけど、寝てたみたいだね」

「ええ、そうなんですよ。わたしは休みで暇な日は、ずっと寝ることにしてるんですよ。昨日は、トイレと、めしと、風呂の時しか起きなかったですよ。今日の朝まで寝てました」

「本当に? ずいぶん寝るんだね」

「土曜は午後10時くらいに寝たんですよ。で、今日の朝まで寝てました。30時間くらいは寝たと思うんですよ」

「頭痛くならないの?」

「それが平気なんですよ。まあなんつったらいいんでしょ、わたしは、異様に長く寝る男なんですよ。どう考えても、すごいと思うんですよ」

「すごいね」

「ええ、そうなんですよ。ですから、わたしと遊びたかったら、前もって約束をいれてください。急に連絡されても困るんですよ。わかりましたね」

「そうか、わかった」