FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2019年11月08日 (金) | 編集 |
10月30日は、ぼくら夫婦の5回目の結婚記念日でした。

仕事からもどると、奥方様がシチューを作って待っていてくれた。チョコレートケーキも買ってあった。わあい、ありがとうね、ちゅっちゅー。

おめでとう、ぼく。おめでとう、奥方様。おめでとう、ぼくら。ありがとう、ぼくら。自給率100%の祝福。

結婚前には思ってもいなかった出来事つづきの夫婦生活ですが、おおむねシアワセなんじゃないかしら、たぶん。これからも、よろしくお願いします、ぼくら。

以前にも紹介したと思うけれど、あいみょんの『ハルノヒ』の一節、

僕らは何も見えない未来を誓い合った


心にしみまする。比喩じゃなくて、本当に何も見えないから。手さぐりもいいとこだぜ、わあん。でも、がんばる、わあああん。




スポンサーサイト



2019年10月25日 (金) | 編集 |
さて、先日、指導教官として新人研修を行ってきました。指導教官だなんて、なんて有能なわたくしなんでしょう。なお、いまだに役職手当は一円もでていません。つらい勤務の見返りは、悲しみの涙がひとつぶ。

研修を受けるのは30代後半の男性。

面接を行ったのは別の人間なので、わたくしは新人さんと初対面。どんな人かと思っておりましたら、席に着くなり、

・自分は精神障害をもっていて、精神病院にも通院している

から始まって、

・生活保護を申請したが、市役所が一万円しか支給してくれなくて、生活費がない

・仕事をやる気はあるから、自分を信じて一日も働いていないが、給料を先払いしてくれ

・信用払いをしてくれないと、闇金から借りるしかないんだけど、どう思う?

・この仕事は経験者だから自分は使えるはずだ、信じてくれ

・前の会社は人づかいが荒すぎたから、ケンカしてやめた。この会社はどうなんだ? 同じようなバカの会社じゃないことを祈るけど大丈夫なのか?

と、息つく間もなくバズーカ砲を連射してくるの。おい、ちょっと待て。

眉をくもらせるわたくしに、

「こういう話は感情的になりがちだけど、お互いに腹をわって理解しあうためのやりとりだから、冷静に話あいましょう。論理を大切にいきましょう」

とか言い出して、こちらは感情的どころか口はさむ暇もありませんでしたけども。

業務の指導に入ってからも、だらだらした態度で、

「それ、実際の業務では使わない、本当は必要ない知識ですよね?」

「自分は経験者って言ってるじゃないですか、できますできます、はい次にいきましょう」

とかの、なめくさった態度しかとれない。そのうえ、スマホへ着信しまくる。よほどの緊急事態かと休憩をとり、通話する時間を作ってあげたら、

「その件は、おれは知らないって言ってるじゃないですか! そっちの電話、今日だけで150回ですよ! 電話にでてみりゃ、はやく質問に答えろよとか、そんな口調ありますか! いい加減にしないと警察に電話しますよ!」

なんて怒鳴ってるのが、漏れ聞こえてくるの。おいおい、なんのトラブルだよ?

そんなわけで、研修を途中できりあげて契約はできないことを告げました。

「そうですか、残念です。金の話ばかりして印象悪すぎましたかね」

しょんぼりして言ってた。本当にお金がなくて切羽詰まってて、最初だけでもまともな人を装う心の余裕もないのかもしれないけど、彼を雇って使うほうにしてみたらリスク大きすぎるよね、怖いよね。

ということで、人を断るのが二回目だけど、まだ慣れないよね。そのうち慣れるのかしらね。こんなこと言ってる自分が、きっと甘いんだろうけどね。やあね。

2019年10月21日 (月) | 編集 |
仕事して、仕事しすぎて倒れて、奥方様とケンカして、仲直りして仕事して倒れて酒飲んでやさぐれて本を読んで音楽聞く、という日々。

あいみょんが、いい。大人気歌手だから、いまさらだけど、どの歌もとてもいい。

詩で描くこと、描かずに聞き手の受け取り方にまかせること、こういう余韻が絶妙に思える。

だから若い人には自分と同時進行の歌として、若さをうしなった人には大切にしまっていた記憶を取り出してながめる歌になって、人を幅広く刺激できるのではないかしら。おじさんはもちろん、思い出を刺激されて泣き崩れるほう。きゃっ、はずかし。

歌詞がずっと日本語で、歌のはじまりからしまいまで、ゆっくり言葉を味わってゆけるのも、おじさんとしてはポイントが高い。

■あいみょん-空の青さを知る人よ

ひととおりMVも見たけど、ずっといい感じで作られてるなあ。へんに歌詞に寄せて物語を見せることはせず、断片的で、受け手に想像させてくれる。

あなたに、まかせます、というのが本当にいい。

ずっと応援してゆけそうな歌手です。

という、癒しの話。