FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2018年09月12日 (水) | 編集 |
14、15巻を買う。

第14巻は、どれも好きな話だけれど、一番は第56話の『悪戯な雨』かな。雨の日の出会いは、最後の一コマにつながって、やわらかい思い出になって残る。こんなの反則やろ、おじさん泣くやろ。うわーん。

物語は読み手によって、いろいろな受け取り方ができる。ぼくは年齢的に、主人公の夏目貴志より、彼を見守る立場の人物に感情移入する場面が多々ある。物語によって、塔子と滋の夫婦だったり、名取周一だったり、ときどき、ニャンコ先生だったりする。無言で、だれかの横顔を見つめる目。この漫画でよく出てくる、あの表現のままに。

貴志を引き取る、塔子と滋に焦点をあてた回が第15巻の特別編13『塔子と滋』。ぼくは『夏目友人帳』を読むたび、脱水状態で死にそうになるのだけど、特別編だけに特別に効いた。

貴志を引き取る以前。友人から旅行に誘われ、滋を留守番に残して、出かけた塔子。楽しい一日をすごし、宿の布団の中で眠りに落ちる前に、思うのだ。

――ああ いつか
あの人を 失う日がきたら
私は生きて いけるかしら
いつか 私を失っても
あの人は 生きてゆけるかしら


かならず別れの時はくる。頭でわかっていても、日々の忙しさに隠れてしまう現実。それに、常にそんなことを考えながら生きてゆけるものでもない。それが、ふとした拍子に思い出す。忘れていたこと、考えぬように押しやっていたことが姿をあらわし、思考を独占し、胸を苦しくさせる。まるで、あやかしのよう。

『夏目友人帳』は、出会いと別れを繰り返す物語。会えた瞬間は濃密につながるけれど、別れるべき時がくれば、見苦しくつながり続けようとはせず、さらりと離れ、しかし心は残している。一期一会の余韻が、たまらない魅力だと思う。

こうありたいと願いながら、なかなかに執着を断ちがたい未熟な自分。読むたびに、自分をかえりみる。そういう大切な作品です。
スポンサーサイト
2018年09月11日 (火) | 編集 |
「Aさん、まあなんつったらいいんでしょ、また、サバゲをやりませんか」

「おれ、サバゲはもういいよ」

「Bさん、ぜひ、サバゲをやりませんか」

「忙しいから、無理かな」

「Cさん、どうか、サバゲをやりませんか」

「興味ないなー」

「Dさん、また、サバゲをやりませんか」

「体力ないから、やらない」

-----

「みなさんを誘ったのに、だれも、サバゲやるって言わないんですよ……」

「はあ」

「あなたは、どうなんですか」

「リーダー次第なんじゃないの」

「どうして、やる気がないんですか。あなたが、やる気を出さないで、どうするんですか」

「ぼくだけやる気だしたって、どうにもならないよ」

「いえ、ちがいます。あなたが、やる気を出して、みなさんを動かすべきなんですよ。もっと、自分の立場をわきまえたほうがいいですよ」

「リーダーがそれを言うわけ? 恥ずかしくないの?」

「なにがですか。どういうことですか」

「そもそも、なんで昔のメンバーに声かけてるの。来るわけないでしょう。前から、自力開催はあきらめて、どっかのチームに参加しようって言ってるよね」

「いえ、絶対に独立をたもちます。わたしは馬狸猿団リーダーなんですよ」

「なにを根拠に胸はってるのか理解できない。独立の代償として、仲間集まらなくて二度とサバゲできない可能性もあるんだけど、受け入れるの?」

「ダメです。絶対に、いやです。わたしは、まだサバゲで遊びたいんです。わたしはサバゲが好きなんですよ。どうして、わかってくれないんですか」

「サバゲやりたいなら、独立に、こだわってる場合じゃないでしょう。新しい道進むべきでしょう」

「いえ、そこをなんとかお願いします。どうにか頑張ってみてください」

「無理だよ。みんな、もうサバゲには飽きたわけ。ほかに楽しいことができたわけ。離れた人を引きもどすだけの魅力が、ぼくらのどこにあるの。無理。何度、説明すればわかるんだ」

「あなたも、やる気がないってことですね」

「なんで?」

「頑張る気がないってことじゃないですか」

「意味がわからない。リーダーの君は、なにを頑張るわけ。ぼく以上の頑張りを見せてくれるんだよね」

「わたしは、もう一生懸命頑張ってるじゃないですか! これ以上、どうしろというんですか! いい加減にしてください! もっと、わたしの気持ちを考えてみてください!」

「それが精一杯の努力だとしたら、なにも結果が出てないんだから、もう手詰まりでしょう。あきらめるべきじゃないの?」

「そうですか。そこまで、やる気を出さないってことですか。わかりました。馬狸猿団がつぶれたら、あなたのせいです。責任とってもらいます」

「へえ。そういう恫喝するわけだ。いい度胸だね」

「ええ、覚悟しておいてくださいね」

「ひとつ聞かせてくれ。リーダーの君が、一生懸命、精一杯努力して、誰ひとり帰ってこない。それが現実だ。でも、副リーダーのぼくが、一生懸命、精一杯努力したら、みんな帰ってくるって考えてるわけ? もし、それが本当だとしたら、何を意味してるだろうね?」

「はあ? なにがですか? いいから、やる気出すのか出さないのか、はっきりしてください」

「まったく話が通じない人間だね。とっくに知ってたけどさ。もう面倒くさいから、なんでもいいよ」

「はあ、そうですか。わかりました。あなたの責任です。いいんですね」

「へえ、そうなんだ」

「あなたの責任だと思われたくなかったら、頑張ってみてください。さあ、どうするんですか」

「しらん」

「かあああっ、この野郎。てめえの責任だぞ、それでいいのか!」

「へえ、そうなんだ」

「わかった、話はこれでおわりだ、本当にいいんだな!」

「しらん」

「後悔させてやるぞ、おぼえておけ!」

「へえ、そうなんだ」
2018年09月10日 (月) | 編集 |
「まあ一応、今日、他のチームに参加してみたじゃないですか」

「大人数でにぎわってて、うらやましいね。うち、4人しか残ってないもんな」

「このチーム、どう思いますか」

「気さくで、いいチームじゃない? ぼくらもう自力開催は無理だから、ここに加入するのがいいと思うな」

「いえ、まあなんつったらいいんでしょ、このチームはダメだと思います」

「なんで?」

「やる気ないからです。どう考えても」

「やる気?」

「だって、わたしは客なんですよ。もっと、客には気を使って、もてなすべきだと思うんですよ」

「はあ」

「仲間とばかり話してて、わたしをほったらかしたじゃないですか。どういうつもりなんですかね」

「そりゃ、離れた場所に荷物おいて陣取って、ろくに会話もしなかったんだから仕方ないんじゃないの。どういうつもりなのか聞きたかったのは、むこうでしょう」

「いえ、絶対にちがいます。わたしたちは、せっかく来てくれたありがたい客なんですよ。もっと、客を喜ばすべきじゃないですか」

「加入するなら大事にされるだろうけど、加入するって伝えなかったじゃない。加入するつもりもない、交流するつもりもない客、大事にされるわけないでしょう」

「いえ、わたしは馬狸猿団のリーダーなんですよ。看板をおろす気はありません。絶対に独立して活動します。まあなんつったらいいんでしょ、わたしたちは傭兵隊として活動したらいいと思うんですよ」

「よ……う……へい……たい……。30ヅラさげて、馬狸猿団傭兵隊です、とか自己紹介するわけ? うすら寒いよね。絶対にイヤなんだけど」

「いえ、わたしたちくらい能力値の高い人間はなかなかいないですよ。わたしは昨日、能力値を計算してみたんですよ。今日のチームのレペルだと、わたしたちなら一人で、三人は相手にできるってわかったんですよ」

「また能力値かね。彼らと、初顔合わせだよね? なんにも知らない相手の戦力を、どうやって計算したの?」

「いろいろ考えて、です」

「どんなふうに、いろいろ考えたのか教えてよ」

「一生懸命、考えてです」

「はあ、そうなんだ。どうでもいいや」

「ええ。このチームはやる気ないから、だめなんです。見ててください。そのうちにわかりますから」

「へえ、そうなんだ」

-----

「ところで、ずっとサバゲやってないけど、どうするの。引退ってことでいいのかな。エアガンと迷彩服、邪魔だから処分するよ」

「いえ、それは待ってください。必ず、再開します。やっぱり、わたしの言ったとおりじゃないですか」

「なにが?」

「あのチーム、連絡よこさないじゃないですか。わたしたちを呼べば、チームの戦力があがるんですよ。わたしたちのほうが異様に能力値が高いんですよ。それなのに、わたしたちを呼ばないって、おかしいですよ。やる気がない証拠じゃないですか」

「はあ、そうなんだ」

「やっぱり、どう考えても、わたしの判断は当たってるんですよ」

「ふつうに考えて、強い傭兵なら、ほっとかれないよね。引く手あまたのはずだよね。どっかのチームから、勧誘きてるの? 手助けしてほしいって、連絡きた?」

「いえ。きてません」

「どこからも、一度も、誘われてないんでしょ?」

「ええ、まあ、そうです」

「不思議だよね。能力値高いのに。あちこちのチームに参加して顔も売ったのに。つまり、必要とされてないってことじゃん。」

「いえ! 絶対に! 違います! かならず連絡はきます! みててください!」

「へえ、そうなんだ」

「ええ! かならず、わたしたちは復活します! 覚えておいてくださいね!」

「楽しみにしてるわ」
2018年09月05日 (水) | 編集 |
「まあ一応、今日、サバゲに来てくれた人いるじゃないですか」

「雑誌に広告だしてみるもんだね。本当に来てくれる人いると思わなかった。ははは」

「あの人、どう思いますか」

「どう、って? いい人じゃない?」

「いえ、まあなんつったらいいんでしょ、あの人はダメだと思います」

「なんで?」

「やる気ないからです。どう考えても」

「やる気?」

「だって、このチームのリーダーは、わたしなんですよ。もっと、わたしに気を使って、わたしに従うべきだと思うんですよ」

「はあ」

「わたしに意見したりして、どういうつもりなんですかね」

「話きくと、彼もチーム持ってたみたいだから、サバゲのことよくわかってるんじゃないの」

「いえ、絶対にちがいます。わたしのほうが詳しいと思います。どう考えても。新しいチームに加入するんだから、そこのリーダーを尊敬するべきじゃないですか」

「えっ? べつに加入するって話じゃなかったよ。あちこちのチームに顔だして、武者修行みたいに、経験つみたいって言ってたじゃない」

「それも、やる気ない証拠じゃないですか。腰を落ち着けて、ひとりのリーダーに従う気がないってことじゃないですか」

「うーん、そうかなー」

「あの人はダメです。やる気がありません。やる気のないやつは、わたしには、わかるんですよ」

「そうかなー」

-----

「雲須さん、大変ですよ」

「やあ、島野さん、どしたの?」

「この前、ゲームに来てくれた人、テレビ出てましたよ」

「なんだって?」

「サバゲの大会を主催してました。どうも、テレビ局に協賛させて金ださせたみたいですよ。所ジョージのチームが参加してました。出店も手配して、大成功したみたいです」

「まじか……。すごい人だったんだね」

「おれ、彼とメールのやりとりしてるんで、いろいろ聞かせてもらいました。あちこちのチームに顔だして、めぼしいチームには声かけてたみたいです。おれらのチームは無視されたってことですよね……」

「そりゃ、そうでしょう。だって、彼のアドバイスとか、変わったルールでのゲームも、せっかく教えてくれたのに、将軍が全部つぶしてたじゃない。あなたの言うことは間違ってます、経験がたりないから仕方ないですね、わたしのほうが詳しいから従ったほうがいいですよ、とか堂々と言ってたのおぼえてる?」

「言ってましたよね」

「人間の格がちがいすぎたね、ちょっと悲しいね」

「ほんとですね」

-----

「さあ雲須さん、どうなんですか」

「なにが」

「わたしの言ったとおりじゃないですか。あの人、あれからゲームに来ないじゃないですか。やっぱり、やる気がないんですよ」

「へえ、そうなんだ」

「だから、わたしが言ったじゃないですか。わたしには、やる気のないやつは、わかるんですよ。チームのリーダーを尊敬できないやつは、どこに行っても評価されないんですよ。わたしには、わかるんですよ、異様に」

「へえ、そうなんだ」

「あなたも社会で評価されたかったら、まず、わたしに頑張りを見せたほうがいいですよ。覚えておいてくださいね」

「へえ、そうなんだ」
2018年09月05日 (水) | 編集 |
当ブログをSSLに対応させてみました。たいした意味ありませんが、ただ、やってみたかっただけです。しかも、ボタンをポチッただけで、なにを作業をしたわけでもありませんが。

SSL対応にともない、URLが変更されています。旧URLから転送されるように設定しましたが、一時的な処置ですので、これからも読んでやろうと思っている奇特な方は、ブックマークの変更をお願いします。